Everyday I Have The Blues

<   2007年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ある教室の風景 その3 三者面談

PART 3
受験高校(県立)を決定するための三者面談。
なぜか父親がやってきた。
入れる学校を受けりゃいいんだろ、ぐらいにしか考えていなかった私には、苦痛以外の何物でもない。
見栄っ張りの父親と横暴な教師の話し合いが進む中で、私は無言。
大人2人の、“相手へ失礼のないように” と配慮しながらの会話。漂う空々しさがたまらなかった。
「今までの成績から判断すると★★高校ということになりますかね。」
「有難うございます。充分だと思います。」
あれ? 高校はやっぱり●●高校じゃなきゃ って言ってたろうが。
「どうです?◆◆クン、受験勉強頑張ってますか?」
「なかなか親の思うほどには。」
受験勉強なんて、これっぽっちもやってねぇよ。大体、おめぇ、オレと一緒に暮らしてねぇだろうが。
そっから先は何も覚えてない。ろくに聞いてなかったし、せいぜい5分位の話し合いだったんじゃないだろうか。
何か言いたげな父親を避けるため、友人の輪に戻る。とにかく、早く帰って欲しかった。

私の通っていた中学は、市内でもかなりのマンモス校。1クラス50人近く居て、それが10クラスもあった。三者面談も何日かに振り分けられていたと思う。かなり頑固で横暴な教師だったから、本人や父兄の高望みが通るわけもなく、面談はせいぜい一人当たり10分ほどで片付いていた。
ところが、30分近く経っても終わらない奴がいる。
「もめてるみたい。」
「誰?」
「●☆★○」
「なるほどね。」
・・・・・・・・・・
やっと終わったと思ったら、面談をやっていた小部屋から本人が血相を変えて飛び出してきた。紅潮したふくれっ面。今にも泣かんばかり。
男のああいう顔を初めて見た。いや、それ以後も見た記憶がない。
どうやら、親よりも本人自身がゴネていたらしい。
「どうしても●●高校じゃなきゃ嫌だ。受けさせてくれ。」
「駄目だ。無理だ。」
の押し問答で30分。結局、彼の願いは叶わなかった。
まだ15歳、高校卒業したって18歳だ。
●●高校は、あの時の彼にとって何だったんだろう。
憧れ?ブランド?合格が自分にとっての使命だった? ●●高校でなければ人生の敗残者?

プライドの高い彼が味わった、初めての挫折だったのかも。皆が自分に一目置くことを常に望んでいた彼。日頃の、級友を見下しているかのようなあの振る舞いからすれば、受け入れがたい屈辱だったんだろう。

自分の価値を認めさせる尺度が高校の名前しかないとすれば、悲しい話だが、、、、、あいにく、周囲の人間は彼の学校のことなど気にもしていなかった。
「そんなことよりも、、、、」

つづく
[PR]
by junec1 | 2007-10-31 10:00 | あの日 | Trackback | Comments(4)

ある教室の風景 その2 言いわけ

憧れの彼女ではなく、
他の子(記事『ガード』を参照)を映画に誘った理由についての誠実な考察 ( ´,_ゝ`)プッ

憧れよりも気になる子。二番手を選ぶ気の弱さ。

誘いたい気持ちはやまやま。喉元まで出掛かるものの、やっぱり断られるのが怖い。
彼女とは23歳ぐらいまで友達として交流があった(彼女の恋愛相談にまで乗った!)が、
大学生として東京でたまに「よっ、久しぶり」っていうのと、多感な中学生じゃ訳が違う。
彼女と自分がこの狭い街を2人で歩くなど、想像できようもない。
、、、、、、やっぱ、幾らなんでも綺麗すぎた。箱入りだったしな。

じゃ、他の子だったら気が楽?
いやいや。
誘った瞬間に足がガクガク震え、そばの机にへたり込んだw
実は、小心者であることを思い知らされる。

うぶでカワユカッタ σ(゚∀゚ オレ!! よ。

つづく
[PR]
by junec1 | 2007-10-30 22:59 | あの日 | Trackback | Comments(2)

ある教室の風景 その2 憧れ

PART 2
なぜかその子とは隣の席になる。くじ引きによる席替えなのに3回も(1回は通路を隔てた隣)。
おかげで、そのクラスの女子の中で一番仲が良くなった。彼女にとっても、私がクラスで一番仲の良い男子だったはず。
彼女とは中2の時も同級生だった。でも、その時にはほとんど口を利いたことがない。彼女を除いた全ての女子と気軽に話ができた私だったが、彼女だけは駄目だった。
そう、まともな初恋っていえば、あれになるんだろうな。とにかく、性格などわからないまま顔に惚れた。お嬢様っぽくって綺麗なんだが、それを鼻にかけるでもない。
卒業してから知ったことだが、同じクラスの男子はもちろん、他のクラスのあいつもこいつも彼女に憧れていた。学年で一番人気。でいながら、彼女が誰かと付き合ってるという噂話すらない。後年、他の女の子から聞いたところによると、手紙を渡されたりしていたみたいだが、取り合わなかったらしい。
で、
隣の席になれば、いやでも口を利くしかない。
一日目にして「なーんだ、こんな子だったのか。」ということになる。
確かにお嬢様。ちょっと世俗にうとい箱入り娘。ネンネって感じだった。
俄然、学校が楽しくなった。冗談飛ばしまくる毎日。彼女の笑顔が生きがい。たまに学校をサボっていた私だったが、あの頃は皆勤賞(笑)
そんなある日だ。
その日も仲良く楽しく会話が弾んでいたのだが、、、、、
ある男子が彼女の元へ近づいてきた。
彼女の前の席に後ろ向きに座ると、1枚のメモを差し出した。
言った言葉が、
「●●さん、これ、まだ?」
そのメモには 『生理』 と書いてあった。
そいつはニヤニヤしながらさっさと立ち去ったが、彼女はその途端に口を結んで下を向いてしまった。耳まで真っ赤だ。
ついさっきまで快活にしていた彼女が一言もしゃべらない。
恥ずかしい盛りの年頃は私も一緒で、こんな時どうしたらいいのか察しがつかない。 男の私が何か言ってもいいものなのか? そんなことしたら、余計恥ずかしくなるんじゃないか?
どのくらい間があったろう。
「●●さん、一本頂戴?」と声をかけてみた。うつむく彼女の髪の毛をつまみながら(アホデスワ)。
彼女の顔に笑みが戻り、「やーだ。」と軽く拒否された。
、、、、、、それにしても、あいつ、、、、、、

つづく
[PR]
by junec1 | 2007-10-30 15:50 | あの日 | Trackback | Comments(2)

ある教室の風景 その1 ポスター

長編になる予感。

PART 1
「映画のポスター欲しい? だったらあげるよ。」
「どんなの持ってるの?」
「とにかくいっぱいあるから。●●座でもらったやつがほとんど。」
「頼めばくれるの?☆☆じゃ1枚幾らで売ってるよ。」
「上映終わったやつが棚に一杯重ねてあったから、頼んだんだよ。そしたら好きなだけ持って行けって。」
「ほんとにいいの?」
「うん。貰ったのはいいけど、置き場所に困ってるから。好きそうなの持ってきてあげるよ。」
翌日大量のポスターを抱えて学校へ。
休み時間にその子がポスターを選んでいると、2人ばかり女の子がやってきて、ああでもないこうでもない。
「持って帰るの面倒だから全部あげるよ。」
3人はそれぞれに自分の欲しいものを選んだ。当然最初に約束した子(故人)が一番たくさん持って帰ることに。20枚以上あったと思う。
彼女は教室後部のカバン棚の上にそれを丸めて置いておいた。そこぐらいしか置き場所がなかった。
放課後、その子が「ポスターがない」と騒ぎ出す。「ここに置いておいたのに。」
それを聞いていたある男子。
「ああ、そこにあったやつならゴミかと思って燃やしたよ。」
なんと、そいつはポスターを1枚残らず焼却炉の中へ放り込んでいた。
それを聞くや、彼女が泣き出した。慰める友達。
「ゴミかと思って」なんて言い草が悪意の臭いプンプンだ。
見りゃぁわかるだろ。ゴミなわけがない。
奴は彼女が楽しそうにポスターを選んでいるのを見ていたはず。
それが証拠に、泣いている彼女を見ながら薄笑いを浮かべている。
なんでこういう、人の気持ちを踏みにじるような、ひどいことをするわけ?

男のやきもちだ。

つづく
[PR]
by junec1 | 2007-10-30 10:27 | あの日 | Trackback | Comments(2)

一緒に

娘が学校から帰ってきた。

「これから銀行に行くんだけど、一緒に行くか?」
「うん。」
「車じゃないぞ。運動がてら、歩き。」
「いいよ。」

洋服を着替えた娘と学校の話などしながらテクテク、テクテク。
まだ親父と並んで歩くのを嫌がる様子はない。

来年は中学生か。

いつまでこうやって一緒に歩いてくれるかな。
[PR]
by junec1 | 2007-10-29 21:28 | 娘のこと | Trackback | Comments(2)

ガード

ガード 【guard】
 攻撃や危険から身を守ること。また、そのためのもの。防御。

男女間においてよく口にするのが、「ガードが固い」 云々。
彼女たちは何から身を守っているんだろうか?
男は皆狼だから、つけこむ隙を与えないように?
どこかかけひきの匂いがして、お互い楽しんでる風だ。
私は昔から面倒くさがりなので、その手のゲームは苦手。
いつだって剛球一直線(?)

ガードに関するたった一つの思い出。

既出の、、、写真を見せてくれた女の子。
実は、彼女とは中3の時に 2回ばかり 2人で映画を観に行ったことがあった。
彼女に関しての風評は、結構はっきり物を言うボーイッシュな女の子。肩で風切るタイプ。
21歳での再会。昔話に花が咲いて意気投合し、それ以降一緒に飲み歩くようになった。
年齢相応の女性らしい身のこなしを見せるようにはなっていたが、基本、何も変わっていなかった。
同級生の気安さか、相変わらずポンポン言ってくれる。
「もうちょっとオブラートに包んで言ってくれない? キツイなぁ(笑)」
「キツイかな? 私が打たれ強くしてあげる。」
毎度その調子。

でも何度か飲みに行っているうちに私の中に確信めいたものが。
思い切ってぶつけてみた。
目の前の人間に対する興味。かけひきじゃない。

「あのさ。アンタ、照れ屋なんだよな? そういう物言いも照れ隠しだろ。」
一瞬彼女の表情が変わる。
「見透かされまいとして肩肘張ってるよな、昔から。」
「・・・・・・」
「それをわからない奴。たいていの奴がそうだと思うけど、誤解してるよな、アンタのこと。」
彼女は私の顔を見ながら一言だけ発した。
「、、、やな奴。」

ガードが崩れた ^^;
それ以後、それまでに見たことのない彼女を知ることになる。

つづかない。
[PR]
by junec1 | 2007-10-27 11:13 | あの日 | Trackback | Comments(4)

入選

今日、娘が何やら学校からお知らせを貰ってきた。
なになに???

夏休みの宿題というか、市内の全小学6年生がある課題の元に絵画と作文を提出したわけだが、
我が娘の絵がめでたく入選したという内容だった。

ところが、この絵。デジカメ写真をお手本に娘がラフな下絵を描いたものの、、、、、、
色を染めたのは、ほとんど σ(゚∀゚ オレ!!
いや、別に親バカなわけじゃなくて。
普段から娘が余りにもマイ・ペースという名の のろまなので、
人一倍せっかちな私がイライラのあまり、
「ええい、貸せ!」
ということになった次第。

ある場所に2週間ばかり展示されることになったんだそうだ。ヤバイ
娘、嬉しそうな、そうでなさそうな。

で、
ふと考えた。
入賞じゃなくて入選だよな。
ってことは、
入賞を逃したってこと?



小学生の絵に負けたのか _| ̄|○
[PR]
by junec1 | 2007-10-26 21:13 | 娘のこと | Trackback | Comments(2)

棲みついているもの

父親は反面教師。
おかげで、よそ様に迷惑をかけたり、家族を泣かせるようなことはしていないつもりだ。
それじゃ、それで何事にも前向きなのかといえば、残念ながら。

20代・30代で命を落とした友人・知人たちは意外な数にのぼり、私も父親の死因となった持病を受け継いでしまった。「いつ死んでもいい」と虚勢を張るつもりはないが、「いつ死んでも仕方がない」とは考えてしまう。

何かにつけて諦めがつきまとう。
いや、諦めというのは適当じゃない。キザったらしい言い回ししか思い浮かばないのだが、(繰言を言う友人に放った言葉も、かつての同級生が感じ取った私の様子も) 頭だか心だかのどっかに絶望が棲みついているのだろう。
これはもう昔からだ。今日まで拭えないできてしまった。
私が様々な場所で感じるあの違和感も、おそらくはその辺に根っこがある。

その結果としてなのか、(認めたくはないが)やはりあの父親の血が自分の体内に流れていることを強く意識させられる場面が少なくないのだから、困ったものだ。

娘が自立したとしても、その後の彼女の成長を一日でも長く眺めていたい。
でも、できることなら、病床に長く伏せることなく、ある日あっけなく死ねたら、とも思う。
臨終の床でそれまでの日々が走馬灯のように甦ってくれなくてもいい。
[PR]
by junec1 | 2007-10-25 00:01 | 自分のこと | Trackback | Comments(0)

父親

小学校へ上がる前の記憶といえば、ごくわずかだ。

肩をはずす癖があったため何度も病院へ連れて行かれたこと。
上の弟が近所の悪ガキにビンで頭をかち割られ、砂場が血に染まったこと。
下の弟がまだ赤ん坊のうちにどこかの家へもらわれていったこと。
目の前で父親と母親が喧嘩。母親が家を飛び出し、父親もいつの間にか姿がなかった。泣きじゃくる弟を連れて家の外に出て、タクシー会社の前で運転手さんに呼び止められた。私の要領を得ない説明を聞いた彼は私たちにお菓子を買ってくれ、「きっとお母さん帰ってくるから、お家で待ってな。」と言ってくれた。
その弟もいつの間にか家からいなくなっていた。
そして、私も父親にある家へ連れて行かれ、「今日からこの人をお母さんと呼べ。」と言われる。泣きじゃくっておしっこを漏らした私。鬼の形相で風呂場へ連れて行った女性が父親の本妻だった。その日の夜中に雨戸を叩く音。母親が私を連れ戻しに来た。私たち親子は通りかかったマイクロバスに拾われる。

どれもこれもろくな記憶じゃない。

数年後、父親と本妻は協議離婚。
しかし、彼はその時既に3人目の女を作っていた。

あれは小学5年の頃。
ある日、母親は私を連れてあるビジネス旅館へ乗り込んだ。父親はそこで3番目の女と旅館暮らしをしていた。そこで繰り広げられた修羅場は今でも覚えている。
その夜、母親の口から全てのいきさつを聞かされた。
それまで住んでいた家を引き払い、母親は夜の仕事を始めた。慣れない仕事から帰った母親は何度も布団の中で声を殺して泣いていた。馬鹿な男どもに悔しい思いをさせられたんだろう。
父親の目から身を隠すように暮らしていたのだが、狭い町、とうとう見つけられてしまう。それ以降、子供が見なくていいもの、いや、見ないほうがいいものを何度も見た気がする。

父親の姿を最後に見たのは、私が16歳の時だったろうか。
3番目の女との間に男の子をもうけながら、「お前たちと暮らしたい。」と申し出てきた父親を私が拒絶した。その後、彼は3番目の女と結婚。
それから10年もしないうちに、持病をこじらせて死んだことを人づてに聞かされた。死に目には会っていない。父方の親戚が「●●(私)はちゃんと籍に入ってる子なんだから葬儀に呼ぼう。」と説得したものの、彼の妻が首を縦に振らなかったという。
近年まで命日も知らない・墓も知らない状態だったのだが、父方の親戚と関わる機会があり、初めての墓参りを去年済ませた。
彼の妻も彼を追うように30半ばで早死にし、その墓に一緒に埋葬されていたが、今更どうでもいい。

父親は、危うく命を落とすところを生きながらえた人物。せっかく拾った命なら「大事にしよう。」と考えればいいものを、彼の場合全くの裏目に出た。生き残ったことがコンプレックスになり、好き勝手やり放題。迷惑かけ放題。
彼の口癖は図らずも
「俺なんか、いつ死んだっていいんだ。」だった。

つづく
[PR]
by junec1 | 2007-10-24 03:55 | あの日 | Trackback | Comments(4)

いつ死んでもいい人

またもや昔話。
中2の時の同級生。一度も女性を意識したことのない相手。お見合い結婚後、一人で実家に帰ってきた時(出産のためか?)に電話をくれた。25歳だった。

「あぁ、この人はいつ死んでもいい人なんだな、って感じてた。」
今ひとつ意味が呑み込めなくて、当惑。、、、自殺ってことか? それはあり得ないけどな。、、、、、

「なんでそう感じたわけ?」
「はしゃいでいたかと思うと突然ふさぎこむ。そういう時は全くの別人で、とても話しかけられなかった。自分じゃ覚えてないかもしれないけど、そんな感じだったのよ。」
「初耳だな、それ。」
「こつこつ勉強する努力型じゃなかったよね。宿題だってろくにやってこなかったし。かといって、不良なわけでもない。」
「怠け者ってことだな。」
「なんかね、他の子とは違うこと考えてるって感じだった。みんながテストの点数や内申書を気にしている中で 『そんなのどうでもいいや』 みたいな風で。それでも★★高校入っちゃうわけでしょ。その落差が不思議だった。」
「もっと真面目にやってれば●●高校入れたのに、とは言われたよ。でも、虫が好かないから、あそこ(笑)」
「ほら、そういうとこだよ。そういう言葉が負け惜しみに聞こえないのよ。そこそこの成績とってて受験を真面目に考えてる子達ってさ、先生にも従順だし、少しでもいい学校、って考えるわけじゃない? だから、この人、自分のこと大事じゃないのかなぁって思ってた。 」

さすがはこいつ。よく見てやがる。痛いとこついてくる。
「、、、ほらさ、中2の時アンタと一番仲良かったじゃない? 不思議だけど、男女ひっくるめてクラスで一番仲良かった。こないだ、◆◆さんにも 『いつも二人でしゃべってて』って言われたよ。」
「うん。」
「卒業後に付き合ってたら、ことによっちゃ今頃結婚してたのかもな。(笑)」
「面白かったかもね。」


もし、こんな彼女に 『いつ死んでもいい人』 という印象を与えていたなら、それはあいつが原因だ。
好き勝手滅茶苦茶やって、さっさとこの世からおさらばしたあいつ。


私の父親だ。

つづく
[PR]
by junec1 | 2007-10-23 10:33 | 自分のこと | Trackback | Comments(0)