Everyday I Have The Blues

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

女の子

つい先ほどアップした記事にもそう書いてしまったんだが、
いい年した女性をつかまえて
“女の子” と書くことにひどく抵抗がある。失礼にならないだろうか。
彼女たち自身の多くが自分を “女の子” と呼んでいるわけだから、
気にするようなことではないんだろうが。

でも例えば、ジャニーズ系には程遠い男が
「ボクも24歳の男の子デス。」
とのたまったとしたら、
彼女たちはどう感じるんだろう。



自分を “女の子” と称する
乙女心とでもいうか、
ロマンチシズムとでもいうか、
実は色恋トラブルの最大の要因かもしれない。

・・・・・鏡見ようや。



やはり今日も毒吐き。。。。。嫌な奴真っ只中。
[PR]
by junec1 | 2006-04-27 02:02 | 自分のこと | Comments(0)

一事が万事

ライブチャットのパフォさん(ノンアダルト)によるHPやブログに関する疑問点。
「エロお断り。(つまり私はそういう女じゃない)」と言いつつ、
自分のサイトに出会い系やアダルト系のバナー。
女の体を売り物にするサイトを宣伝しておいて、エロ客に「女(私)を物として見るな。」と言ってもね。
そういう自分が他の女で小遣い稼ごうってわけだから。
アダルトで体張ってるほうが遥かに誠実かな。

パフォのサイト → 群がる男たち → エロ・サイトへ誘えば手っ取り早く金になる
という、浅薄ながら効率の高い三段論法ってとこか。

チャットをしながら感じたのは、「出会い系やアダルト系は避けたいが、(本心は)それ以外のアフィリエイトなら・・・・。」って女の子が多い。
ちゃっかりしている。パフォに共通とは言わないまでも、多いね、こういう人。
とはいえ、それまでのブログ全て削除して、そこにライブチャットのバナー貼りまくったパフォにはさすがにびっくりした。それまでのブログにはほとんどバナーなんかなかったんだから。
楽して稼ごうってのは、ちょっとな。。。。。

バナーやアフィリエイトに一切手を出さない子。
自分のイメージを大切にしたいのなら賢明だと思う。

男をなめちゃいかんわ。
[PR]
by junec1 | 2006-04-27 01:46 | ライブチャット | Comments(5)

陶酔

カラオケ、好きじゃない。
「嫌いだ。」とはっきり言うと時折白い目を向けられる。
「つまんねえ奴。」と思われるらしい。
そういうあんたらこそ話がつまんねえ。
会話術なんていらねえけどな。中身なさ過ぎ。
“だから歌” なのか?

目ぇつむって自分の世界に入り込む感性がないのよ。
前にもここに書いたけど、そもそも歌の歌詞なんてどうでもいい。
自分の心情を歌詞に投影して「わかるなぁ。」なんてありえないわけ。

だいたいが愛の歌、恋の歌。
共感なのか、ないものねだりなのか。微妙、、、、、
その辺の微妙なライン狙って、歌で女口説く男もいるけどな。
ラブ・バラード歌い上げちゃうわけだ。
こんなベタな手口に引っ掛かる女いるのかね、と思うと、
これがいるんだな、案外。
たとえそいつの切ないラブ・バラードが感動的に上手かったとしても、
それとそいつの人格がイコールなわけないんだけどさ。
下手な鉄砲数撃ちゃの世界。
歌の合間に相談事乗ってみせたりの心憎い演出。
酒入ってるからね。
第三者が見りゃ胸が悪くなる光景なんだけど。

大多数の賢明な女性は“そんなの引っ掛からないよ。” のブーイング。
そうだよな、普通は。



お気に入りの歌詞をわざわざ書き写して色んな思いに耽ったことある?

この期に及んで
 『思い出だけではつらすぎる』
 『メジルシの記憶』

・・・・・人でなしだな。
[PR]
by junec1 | 2006-04-25 11:28 | 自分のこと | Comments(0)

金と誠意

「健康食品って薬より儲かるのよ。利幅が比べ物にならないくらいデカイから。つまり実に有難い商品なんだけど、同時にそれを買いに来るお客を小馬鹿にするようになる。薬より健康食品勧めちゃったりね。そう、水商売と変わらんよ。だから接客業って長くやるもんじゃないと思う。嫌な人間になりたくなかったら。」

あの頃、お客は金にしか見えなかった。
常連の健康を気遣っているようで、それも儲けるための手口半分だった。
酔っ払いに高い栄養ドリンクを定価で売りつけて、たった一人でやってる吹けば飛ぶよなちっぽけな店で一晩に10万から15万程の売り上げ。
しかし罰が当たったか、体調を崩した挙句の不況風。
“貯金のあるうちに店をたたもう。”と決心した。
今でもそのことに後悔はない。
あのまま続けていたら、恐らく色々な意味で引き返せなかったろう。



金次第で人は変わるし、金が絡むと本性があらわにもなる。



「貴方を知って、誠実で思いやりのある人間がどんなものか知った。」
最大級の賛辞を浴びたその男。
不始末への責任を求められそうになると、
金惜しさと保身でさっさと逃げ出した。

とんだ誠意だこと。大した思いやりだこと。
・・・・・・と、“不誠実で思いやりがない” と烙印を押された人間が言ってみる。
気がつかねぇだろうな。取り返しつかない出来事を美化してるうちは。

どいつもこいつもヘドが出るわ。
[PR]
by junec1 | 2006-04-24 13:05 | 自分のこと | Comments(0)

2ヶ月前

何かやらかすなら 覚悟を決めてからにしてくれ。
なんで俺がケツ拭かなきゃならんわけ?
勘弁してくれ。いい大人なんだから。
言い分はあるだろうよ。
動機と経緯、その時々の気持ちの揺れ。
“だから仕方がなかった”とでも言うのか。
それを俺に理解しろとでも言うのか。
なんて残酷で身勝手な話だ。
第一、改めて言われなくたってわかってる。
性格知り尽くしてるからな。
年齢からくる焦りも強かったろうしな。
その年齢の割にはかなり幼稚だってこともな。
でもよ。ここまで無分別だとは知らんかったわ。
ここまで嘘つきだとも知らんかったわ。
ここまで周囲の気持ちを踏みにじるってこともな。
よくもまあ、大泣きしながら大嘘つけたもんだ。
まるで俺に原因があるかのように言ってたよな。
違うだろうが。
元はといえば、お前の幼稚さと無知が招いたんじゃないか。
その挙句に俺の好意まで利用して。
やってくれろもんだよな。
よくあそこまでひどいことが出来たもんだよ。
自分も辛かったって?
よく言うぜ。
あれが辛くて苦しんでいる人間の書く手紙かよ。
メールといい、メッセといい、電話といい、浮かれまくってたろうが。
なんでこんな嫌な思いをしてまでお前の面倒見なきゃならんわけ?
お前さ、信用度ゼロなんだ。
そんな奴にもっともらしいことや偉そうなこと言われりゃ、そのたびに腹が立つ。
今の今までお前が並べ立てたセリフ。
正気で言ってるとすりゃ、今すぐ俺の目の前から消えてくれ。




2ヶ月前、恐らくこの数倍の言葉を浴びせた。
以来、同じ言葉を繰り返してはいない。
喉元まで出てきては呑み込む毎日。
私の思いはあの時と何も変わってはいない。
繰り返してはいけないと思えば思うほど、
虚脱感に襲われ、うっ積していくばかり。

いつまで続くんだろうか。
[PR]
by junec1 | 2006-04-22 02:26 | 自分のこと | Comments(3)

目の前で号泣されても何も感じない。
8ヶ月前が嘘のようだ。
そこまで自分の気持ちが硬くなってしまったのか。
よりどころであった情さえも薄れてしまったんだろうか。




『全女性の涙を誘う・・・・・』
使い古された常套句。
レンタルDVDのお店では韓国コーナーが大きなスペースをとり、
その前には乙女心一杯のおばさまたちがたむろする。
平和な光景。。。。。

私も泣ける映画は観る。
ただし恋愛物や難病物じゃない。
救いのない後味の悪い映画。
涙は出ないが心で泣く。

かなり昔、武田鉄矢氏が自身の少年時代を思い起こしながら、
「子供の頃の貧乏話を面白おかしく話せるようじゃなきゃ・・・・・。」
と語っていた。
生意気ながら言わせていただければ、
そんな貧乏、安手な恋愛物や難病物並み。

思い出すのも苦痛で、口にすると惨めで、泣くまいと思っても涙。




そんな涙であったなら、、、私の心を打ってくれるんだろうか。
[PR]
by junec1 | 2006-04-21 11:30 | 映画 | Comments(0)

夜 布団に入ると
11歳にもなる娘が私に抱きついてくる。

これだけでも幸せと感じるべきか。

悪いな、酒臭くて。
ごめんな、色々と。
[PR]
by junec1 | 2006-04-20 10:55 | 娘のこと | Comments(0)

垣根

貴方には身近な話し相手が何人いるだろうか。
世間話ではない。かといって相談事というのでもない。
心を吐き出すことで楽になれそうな時、その話に付き合ってくれる相手。
当然、話の性質は深刻だったりもする。他言してもらっては困る内容。

相談事とどこが違うかと言えば、
相手に叱咤も激励も同情も答えも望んじゃいない・・・・・
黙って聞いていてくれて、時折「飲めよ。」と酒を注いでくれるだけ。それだけでもいい。

残念ながら私には思い当たる人間がいない。年齢を重ねるごとにいなくなった。
無二の親友を大学卒業一年後に亡くしてはいるが、他にも友人はいる。
彼らの話を聞く分には平気だ。でもこっちの話はしゃべれない。

「貴方は自分の周りに垣根を造り過ぎる。」と言われることがある。その通りだと思う。
昔から友人ごっこは苦手だった。
「これはお前にだけ、お前だからしゃべるんだけどな。」といったメンタリティーが私には備わっていなかった。むしろそうした世渡りをする奴とは “友達になりたくない” とさえ思ってきた。
そう、変わり者だ。団体行動が得手なら、今頃不安定な自営業などやっていない。

それでも、生きているうちに2度や3度は錯乱することがある。
不覚にもそんな時(2度ばかり)自分の頭の中を友人に語ってしまった。
いずれも後悔することとなった。
彼らは私から聞いた話を自分の奥方に洗いざらいしゃべっていた。
初めに言ったように、他言してもらっては困るのに、だ。
友人宅にお邪魔した時、彼の奥方からそれらしきことを伺わせる言葉をかけられた。夫の友人を案じての有難い言葉だったんだろう。
でもその時の私は “チッ、なんでしゃべったんだよ。” だった。
当時まだ独身だった私は “結婚して夫婦になるってこういうことか。” と思ったものだ。
以来、私は他言無用の話を身近な人間にはできなくなってしまった。
逆恨み? そう、変わり者だから。



希薄な人間関係ねぇ。
占い師やライブチャットに代価を支払ったり、宗教や掲示板にすがったり。

駄目だ。パス。
[PR]
by junec1 | 2006-04-19 13:48 | 自分のこと | Comments(0)

DVD化計画 (映画編その11)

久しぶりの更新で申し訳ありません。
あたりさわりのない話題といえばこれしかない、ということで。

手持ちの市販LDからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)b0028912_11344851.jpg
明日なき十代
黒豹のバラード
さらば愛しき女よ
探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!
トゥームストーン
バック・ビート
バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト
ハリーとトント
ブラック・サンデー
ブロードウェイのダニー・ローズ

手持ちの市販VHSからDVDへコピーしておきたい映画 (五十音順)b0028912_11375942.jpg
カムズ・ア・ホースマン(日本劇場未公開)
ホースメン
ボギー!俺も男だ
ホップスコッチ(日本劇場未公開)
マシンガン・パニック 笑う警官

カリスマ(日本映画)


相変わらず人気なさげな映画ばかり。
全て日本では未DVD化。

更新に困ったら手持ちの市販DVDリストをアップしようか。。。。。。。
400本以上あるんで死にますけど。
中にはチャットのパフォさんが娘へプレゼントしてくれたディズニー映画5本も。
そういえば★★ちゃん、お元気ですか? 年下に生まれたかったわ(笑


ここ2ヶ月以上ネットどころじゃなかったわけですが、
先月末から家のネットが光接続になりました。
嵐が吹き荒れる前に申し込んでいたため、今更キャンセルするのも面倒で。
“光だから何なの?”ってのが正直な感想。
オンデマンド TV なんて興味ないし (セールスの電話かけてこないように)。
IP電話はどうしようか・・・・・・。
[PR]
by junec1 | 2006-04-14 11:47 | 映画 | Comments(0)