Everyday I Have The Blues

<   2005年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

男って単純 その1(修正版)

サイト上のプロフィール。
他愛のない項目であればほぼ正直に書いているとは思うが、それでもネタに走る子もいるし。

一番真実味に乏しいのが年齢と職業欄。
女性の場合、年齢と体重は嘘をついてもいいことになっているから(笑)、別にどうでもいい。
中には本当の年齢を聞かされた途端ドナしなくなる会員もいるそうだ。
貴男は結婚相手を探すためにチャットしているのか。年下だろうが年上だろうが、その女性のことが気になったからドナしたんだろうに。年齢を知った途端とは単純過ぎないか。

問題は職業欄。
接客業、フリーター、家事手伝い、無職、秘密、聞いてね、その他、、、、、
どんな風に書いてあったとしても、ほぼ毎日昼間インしているとすれば、その8割は主婦だろう。
プロフィールに主婦と書いてしまったらドナしてもらえないかも。その女心と計算は理解できる。
肝心なのは実際にドナした時。
聞かれれば主婦であることを告げ、聞かれなければ黙っているというパフォさんもいれば、
「普通の仕事とシフトが変わっていて夜勤が多いし。」などと説明するパフォさんもいる。
こういう説明の、その8割が嘘だろう。

出没時間が夜であれば独身かといえば・・・・・・・・、
単身赴任もあれば、土日しか旦那が家にいないような場合もあるし、夜勤だらけの夫もいれば水商売の夫もいる。只今別居中だって亭主持ちに変わりはない。
それと年齢による思い込み。10代のうちに結婚する女性もいるわけで、ハタチそこそこの主婦が思いのほか多い。

男って単純だからね。9時から5時の当たり前の発想しか出来ないのよ。それに、自分の気になるあの娘は・・・に違いないとか、まさか、っていう希望的観測が働くのかも。自分の彼女にできるわけでもないのにね。

それでも妻子持ちの身としては、なんとなく匂うことがある。
夜インしているパフォさんに、「今日旦那さんは?」と突然かまかけてみたりもする。もちろん独身だった場合のフォローの台詞も用意した上で。
思いもよらぬ質問をされると人間は正直になる。言葉ではなく、態度で答えを語ってしまう。
でもね。そこから親しくなれるってことがある。
一番隠しておきたいことがなくなる。これって意外と大きい。

主婦か独身か、なんて実はどうでもいい。どこまでも独身だと言い張る主婦は、その嘘のために他にも嘘をつくことになる。そもそもの入り口(何者であるか)に嘘があっては時間と金の無駄だ。
そう、とりあえずぶっちゃけトークでいきたい私にはこの点が何より問題なのだよ。

つづく
[PR]
by junec1 | 2005-09-30 16:49 | ライブチャット

プロポーズ

会員からのプロポーズ。

今までチャットでお相手したことあるパフォさんのほとんどが経験している。
これって当たり前なのか異常なのか。感覚麻痺状態。

あの手この手色々な会員の台詞を聞かせてもらったけど、どれもこれもねえ。
大体ライブチャットを使っている時点でマイナス・ポイントだし。
パフォさん本気で聞いてないもの。
それどころか
「あんた、私の何をどれだけ理解してるって言うの。」
と腹を立てている場合も多々ある。
当たり前だよね。
「私、キャラ作ってませーん。100%素でやってますぅ。」
と宣言していても、既にそれがキャラなんだから。
要するに夢見ているだけなのね。

オタッキーなおどおどクンもいるけど、それより多いのが自信家クン。
ま、そう見せているだけかもしれないけどね。
頼りがいのある男を自己演出ってやつかな。

「オレはこれだけ収入あって財産もこれだけある。だから幸せにする自信がある。黙ってオレについてくればいいんだ。」
本当にこのままを言われたパフォさんいるわけよ。
なんか勘違いしてるわ。
まっとうな女性がそんなものにだけ惚れると思ってるとしたら。
女性は相手の男の中に尊敬できるものを見出し、お互いの信頼関係築きたいわけじゃない。精神的な意味でね。
そりゃあ財産や地位はプラス・ポイントかもしれないけど、
それって絶対条件じゃないよね。まっとうな女性なら。
それより
「苦労するかもしれないけど貴方と歩いていきたい。」
って、そう思わせる男になるほうが本筋だと思うけど。
こんなプロポーズには誠実さのかけらもないわ。
「私のこと、なんだと思ってるんだ!!」
って、反感買っていることに気づかないかな。
要するに夢見ているだけなのね。

中には主婦だとわかっているパフォさんにプロポーズする豪傑もいる。
「旦那とは別れろ。子供はオレが面倒見る。」
一度も家庭を持ったことないのに、何を根拠にそういうこと言えるかなぁ。
チャレンジャーというか、怖いもの知らずだわ。
悪いけどさ。ライブチャットでこういうこと言えちゃう男に連れ子なんて育てられるわけないから。
そんな甘くないよ。
結婚生活だって、毎日顔つき合わせてりゃ色んなことあるしね。
チャーミー・グリーン(古ッ!)みたいなわけにいかないのよ。
まして血のつながりのない子供まで。
人形じゃないからね。
小便もすりゃウンコもする。突然熱も出す。生意気盛りになりゃ口答えもする。
そういうことまで想定できてるのかな?
ま、直に会ったこともない他人の嫁さんに「旦那と別れろ。」って、
もうそれだけでね。
痛いよね。
要するに夢見ているだけなのね。


この記事、嫁さんが読まないこと願ってる(笑)
[PR]
by junec1 | 2005-09-29 12:12 | ライブチャット

会えるサイト

こういう思わせぶりなタイトルを付けると訪問者数がドッと増えるんだろうか。
このサイトを何度か訪れてくださっている方なら、そういう情報は期待されていないはず。
初めてご訪問いただいて、その動機がこのタイトルだったとすると、それらの方々はちとヤバイ。

アダルトのパフォさんも大方の人が警戒心持って仕事をしているというのに、ノンアダルトの中に客とホイホイ会うサイトがあるんだそうだ。もちろんそこのパフォさん全員なんてことはないだろうが。
残念ながら、そのサイトの名前やその他の情報をご提供する気は全くない。

何が起きるかわからない危険を冒してまで客と会う女の子。彼女たちには狙いがある。彼女たちの興味は彼らの金。要するにおねだりちゃんだ。会いたいクンたちに男としての魅力があるわけじゃない。むしろ全く魅力など感じていないから簡単に物金をねだれる。これ世間の常識。
そういうものでしか女の子にアピールできない男、そういうおねぇちゃんしか相手にしてくれない男、ということになるだろうか。

何しろさんざん貢いだ挙句、
『これだけ色々な物を買ってやったのに、なんで結婚できないんですか?!』
とサイトにクレームを入れた男がいるそうだ。
もう爆笑だ。腹の皮がよじれる。勘弁してくれ。冗談にも程がある。
貴方は一生結婚などできない。まかり間違って結婚できたとしても、成田か関空でバイバイだ。
第一、この手のおねぇちゃんとの結婚を考えること自体理解できない。
色々な理由や事情を察することができるものならそうしたい。しかし幾らなんでもこれはひどい。
成人男性として当たり前の成長を遂げていない。

ここまでひどくはなくても、このサイトを利用して女の子と会おうとする会員さん。こんなおねぇチャンでも、貴方はそれでも会いたいのか。それとも目的は一つだから、女なら誰でもいいのか。

まっとうな女性なら幾らでもいるのに。
[PR]
by junec1 | 2005-09-28 15:42 | ライブチャット

ドレスアップ

一昨日の記事を受けて書くとすれば大爆笑物のエピソードのはず。
でも気が変わった。
変な奴のことを書いてもつまらない。呆れるだけだ。
比較的おとなしめだがちょっとばかり考えさせられたエピソードに変更。

去年のクリスマス近くのことだったと思う。
あるパフォさんが自分のブログに例のごとくその夜のイン予定を載せた。
「今夜は10時前にインの予定です。時期が時期だから思い切りドレス・アップしていきます。よかったらお付き合いくださいね。」
と書いてあった。
ところが彼女、10時半になっても11時になっても現れない。
11時半も回れば“何か急用でも出来て今夜はお休みか”と誰でも思う。
結局12時になろうかという時刻にインしたらしい。
後で聞いたら、彼女寝ていたそうだ。単なる寝坊。
それでも公言通りのドレスアップをしてインした。
速攻のドナがあったそうで、
タイミングからみてずーっと彼女の登場を待っていたと思われる。
チャットは双方向。
ドナしてきた会員の姿も画面に現れる。
彼女、その瞬間言葉を失ったそうだ。
私とのチャットでは、その時のことを「何それ、と思った。」と言っていた。
画面の向こうのその会員は
自身も正装して現れたのだそうだ。
かくして、二人だけのパーティーの始まり。
しゃれとしてはわからないでもない。
でも彼女は、その夜2時間も遅刻している。
現れるか現れないかわからない彼女。
予定の10時前から2時間もの間
彼はパソコン画面をリロードさせながら
その格好で待ち続けていたことになる。
きっと喜んでくれると思ったんだろう。
結果は違っていたが。

妻子のない独身の中年男性。そんなに変な人物ではないらしい。
私もこの話を聞かされた時には「ぎょっとするよなぁ、そりゃぁ。」と答えた。

でもだ。
ちと考えさせられた。
「他にやることないのかよ。気持ち悪い。」と言ってしまうのは簡単。

季節はファミリー・ムード高まる年末。
信仰心などまるでない我が家でさえ、
ささやかなクリスマス・ケーキの予約をする頃。
そんな時期に彼はライブチャットのサイトを訪れる。
パフォさん相手に笑顔を見せ、パフォさんの作り笑顔に癒される。
もしその夜彼女が現れなかったとしたら、、、、、、、、、、
彼はどんな気持ちでその服を着替えたんだろうか。

そして彼のお目当てのその彼女。
実は夫もいれば子供も2人いる。
もちろん彼はそのことを知らなかったし、
彼女が引退した今でも知らないだろう。

パフォ当時、映像付きのメッセで
2人の女の子の姿を数分送ってきてくれたことがある。
ウチの嫁さんともども見せてもらったが、どちらもとても可愛い子だった。
ご主人との仲も円満とのことで、
今は幼稚園の送り迎えなどがあり、とても忙しくしている。


なんかねぇ・・・・・ひどく淋しい。淋しすぎる。
私の感じ方が変なんだろうか?



業務連絡
ドナしない理由を惚れたってことにしよう。頭いいな σ(゚∀゚ オレ!! (爆爆爆
[PR]
by junec1 | 2005-09-27 18:48 | ライブチャット

お休み

b0028912_9502895.jpg今日はライブチャットの記事はお休み。深夜の時間帯になれば投稿していると思いますが。

それまでウチのわんこでも。
これはメスの方で、
名前はココ。1歳9ヶ月。
たれ耳チワワなので
もともと風采が上がらないんですが、
更にその上

手入れ悪くてスマン(笑)

追記
ペットの記事にまでエロのトラックバックですか。それも2度も。必死ですね。
[PR]
by junec1 | 2005-09-27 09:53

あまりのめり込むなよ(加筆&削除版)

引退パフォさんから聞いた話をご紹介する前に、その前提として幾つかお話しておこうかと思う。
一歩間違うと How To になってしまうので、そうならないよう、普通に考えればこういうものじゃないですか?ってことで話を進めたい。

まず、このカテゴリーを書き始めた時にも一度述べたが、
お金が介在すること。この意味は大きい。パフォと会員の相互にある種の“負”のイメージが付きまとうことになる。はたでその様子を傍観するだけの者の眼には尚更だし、当事者間においては錯誤を生む火種となる。
これについて具体的に書いてみようと思う。

そもそもパフォの女の子たち(パフォに限らないが)は、金を出してパソコン上で女の子とおしゃべりしようとする男、及びそういう形でしか女の子と関われないような男など好きじゃない。
彼女たちだって会員の全てがそういう男でないことは知っているが、先入観として警戒心として、そういう目で会員を見がちであるのは間違いない。
自分の彼氏にライブチャットをやっているような男は選びたくないだろうし、自分の彼氏にライブチャットなどやって欲しくないと思っている(くれぐれも言っておくと、全ての女の子とは言っていない。そういうものじゃないですか?ってこと。)。
どうも会員は“自分がはたからどう見られがちなのか”について認識が足りない。

会員は会員で、顔を晒してチャットで高い分給を稼ぐ女の子たちをどこかしらで蔑視している。だから自分の思い通りにならないことがあると、女を物としか見ていないような失礼振りを発揮する。
女相手にしょうもないことで逆ギレし、俺は客だぞとばかりにぞんざいな口をきくのもその表れだし、最もひどい典型がエロ会員だ。
風俗系のお客にはこの手の男が多いわけだが、その意味ではパフォの女の子たちも“自分がはたからどう見られがちなのか”について認識が足りない。

パフォと会員の関係はゼロではなくマイナスから始まる。
特に会員側はそう心しておかなければならないと思う。たとえネット上だけでも女の子たちと仲良くなりたいと思ったら、まずは彼女たちの先入観や警戒心を解かなければならない。
真面目なところがあって、信頼できそうで、しかも面白い。彼女たちがそう感じてくれてやっとプラス・マイナス・ゼロ。
いつもちょっとエッチな話で笑わせてくれる会員さん。でもそれしかない男だとしたら、彼女たちに警戒心は残るだろう。自分の話にいつも笑ってくれる。それだけで彼女を理解したような気になってはいないだろうか。

お目当ての女の子がインしてくるのを今か今かと待ち伏せする会員がいる。
その熱心さに女の子が感激してくれると思うらしい。信じられない話だが、本当にそう思っている男が多いのだそうだ。
全く間違っている。逆効果だ。女を知らな過ぎる。
毎日インした途端に同じ男がドナ(入室)してくる。最初のうちは『淋しい男だな。』と感じ、次に『迷惑だな。』となり、最後は『気持ち悪い。』これがパフォさんから直接聞いた感想。
そして、他の会員さんと話す時間がなくなり『つらい』と愚痴ることになる。
驚いたことに、ある程度人気のあるパフォさんなら、ほとんどが経験している。

もっとひどいのになると、何時にインして、1回目のドナが何時から何時まで、2回目、3回目は・・・というようにチェックしている男までいる。その挙句に「随分長いチャットだったね。」とジェラシー発言。もう立派なストーカーだ。
こんな男を友達にする女性がいるならお目にかかりたい。

自分のお気に入りの女の子は今インしてるのかなと気になりだし、チャット中が多くなると心穏やかでなくなり、他の男に先を越されたくないと思い始め、そのためには彼女がインするのを待ち伏せするようになり、彼女にとって他の会員とは違う特別な存在でありたいと願う。
きっかけはちょっとしたことだ。
用心、用心。この迷路にはまった男こそパフォの女の子たちに最も嫌われる。

『あまりのめり込むなよ。』

という前提をお話した上で、次回はお約束のエピソード。
[PR]
by junec1 | 2005-09-26 01:27 | ライブチャット

待機画面のメッセージ

あのさぁ。

『お気軽にドゾー』

っていうけどね。


お気軽な金額だと思える

貴女のその金銭感覚に

萎えるのヨ。






小ネタでしたな。
(除くラブレボ)
[PR]
by junec1 | 2005-09-25 01:15 | ライブチャット

ブログの姿勢

この世界にまつわる爆笑話はパフォさんたちから色々聞いている。
それらをここに書いたらさぞ面白いブログになるとは思うんだが、様々な反響を考えるとそうそう軽率なことは出来ない。
誰がこのブログを読んでいるかわかったもんじゃない。
何しろネットの世界。
俺のことだ、と勘付いた会員がパフォさんに嫌がらせを始めることもあり得ない話じゃない。
そのパフォさんが現役である限り(ご本人許可の上でもないと)それらのエピソードをご紹介するのは無理だと思う。

そこで次回は、“既にパフォを辞めていて、戻ってくる可能性のない女性” から聞いた話をここに書いてみようかと。
笑えるような、切ないような。

為替関連は【為替どしゃ降り日記】へ引っ越しました。
[PR]
by junec1 | 2005-09-24 02:14 | ライブチャット

消去

HPやブログへの書き込みで一つ思い出したことがある。

あるパフォさんの出来上がったばかりのサイト(BBS)に開店祝いのつもりで書き込みをしたところ、速攻消去された。
書き込みの内容は、ちょっと軽口で開店祝いを述べただけ。
まもなくメールがあり、何の説明もなく「消去しました。」とだけ伝えてきた。
私の書き込みのどこが気に入らなかったかの説明(最低限の礼儀だろ)がないので、私としては自分の落ち度にも気づけない。
他の常連さんへの体面上というようなことかもしれない。
彼女とテキスト・チャットを始めてそう間がなかった頃だったから、私がどういう会員かよく把握できていなかったこともあるだろう。そこで何かを勘違いしたのかもしれない。

それにしても、こちらとしてはいきなり頭から冷水をぶっかけられたようなもの。わけがわからない。
そんなことがあった後も何故かお誘いの営業メールが送られてきたが(感情音痴か、お前は。)、
かなり気分を害していた私は2度と彼女とチャットをすることはなかった。

その後の彼女の行動を見ていると、なんとなくだが頷けるものがある。
次から次へとHPの引越し。あるいは閉鎖。そのたびにHPの作り直し。コメント可にしてみたり不可にしてみたり。BBSを作ったり取っ払ったり。実にめまぐるしい。
特に読者によるコメント関係には相当な迷いが見られた。
更には、パフォ仲間に自分の所属しているチャット・サイトへの不満や不安をもらしていたともいう。
要するに、良く言えば神経が細くて繊細。厳しい言い方をすれば神経過敏な自意識過剰タイプ。
いずれにせよ客商売には向いていない。

会員だって生身の人間。バーチャルじゃないのだよ。

為替関連は【為替どしゃ降り日記】へ引っ越しました。
[PR]
by junec1 | 2005-09-23 05:36 | ライブチャット

一番好きなパフォさん(マイペース型)

マイペース型。

これはそのパフォさんのキャラや性格とは全く関係がない。
そういうのはこっちへ置いといて、ただただ楽にパフォをやっているという意味。

とは言っても、一時期休みもなしにチャットをやっていて、そのうち「飽きちゃった」で出没頻度が減る女性はこのタイプに含まれない。

当初からポツリポツリとしか現れない女性。でも辞めるつもりはないというタイプ。
このタイプの女性の共通点といえば欲がないことだろうか。
幾ら稼ぎたいなんて話は無縁だから、心にもなく「また来てくださいね」などと言う必要もない。
この狭い世界にドップリつかっているわけではないので、他のパフォさんの悪口を言ったりもしない。
「私には他の生活もあるし」ということで、チャットに対しある程度の距離をおいている。でも、だから好きでいられる。いつまで続けられるかわからないけど辞めるつもりはない。
一言で言うと自然体?無理をしていない。
非常に少ないタイプだ。
具体的なパフォ名を出せば「ああ、あの人ね。」と思い当たる方もいらっしゃるかと思うが、当然ここで名前は出せない。申し訳ない。

これは会員である私のスタンスとも通低しているのだと思う。
私はまめな男ではない。何でもかんでも面倒くさい。女性として口説き落としたいのであればまめにもなるが、ハナからそんな気はないし。
メッセなどを教えてくれたパフォさんたちのチャット部屋にも・・・初回からのトータルでもそんなに通いつめていないはずだ(申し訳ない)。あげくにメッセで呼びかけることもあまりない(笑)
どれだけ信頼してもらえるかは回数よりも会話の中身(本心で話しているかどうか、相性のいい冗談を飛ばせるかどうか等々)だと思っている。

パフォさんのホームページやブログに書き込みすることさえあまりない。数回書き込んだらあとはパッタリ。思い出した頃にまたポツリ。パフォさんに 「いつも同じ人の書き込みばかりで他の会員さんが引いてるから」 と頼まれれば、もちろんなんとか書き込む(笑)
これは例外で、普通は(毎日のように覗きには行っているのだが)そこに常連さんが常駐していたりすると、「いいわ、俺は。」ときびすを返してしまう。
パフォとしての営業ブログ(これについては機会を改めて取り上げるつもり)に
「こういうことがあり・・・と感じました。」とか、「これからは・・・していこうと思います。」と書いてあったとして、
そこに「そういう風に考えるなんて、☆☆ちゃんはとても真面目でいい子なんだね。その通りだと思うよ。」などと安易な同意が書き込まれていると、悪いがゾ~ッとしてしまう。・・・・・そこに本心はあるのかい?・・・・・
もちろん「いつか会いたいな。こっちへ来ることがあったら案内してあげるよ。」なんて書き込みしてる会員は論外。

脱線した。
そんな私だから、話をしていて一番楽なのがこのマイペース型のパフォさんなのだと思う。
なんと強引な終わり方。

さて、次回は何を書こう。



お知らせ
ライブチャット・カテゴリーのトラックバックを不可にしました。
アダルト・ブログのちょっかいがあまりにうっとうしいので。

それにしても、ライブチャットについて検索する人間の大半が 『ライブチャット アダルト エロ』 とでも入力してるんでしょうか。彼らの頭の中ではこれらは全て同義語?
とすると、3つのキーワードが入っている今回はアクセス数が跳ね上がるんですかね(苦笑)

為替関連は【為替どしゃ降り日記】へ引っ越しました。
[PR]
by junec1 | 2005-09-22 06:02 | ライブチャット