Everyday I Have The Blues

カテゴリ:海外旅行・グラスゴー( 2 )

Glasgow Before Dark

2004年4月26日
足の痛みはだいぶ引いたものの、やはり不安がある。街が動き出したら湿布を買いに行こう。旅は始まったばかり、何より体だ。ま、これ持病の症状でもあるんだけど。
ところが、前夜下着を取り出しただけで中身を確認していなかったスーツ・ケース。その中に湿布があった!!帰国後も口には出さなかったが嫁さんに感謝。

さて、旅行2日目の朝にして大失敗やらかしました、私。
部屋に備え付けの電気ポットでサービスの紅茶でも飲もうと思ったわけです。既にポットのコードはコンセントに差し込まれていて、めんどくさがりの私には実に有り難い。早速水を入れぐらぐらとお湯になるのを待っていたんですが、突然ホテル中に鳴り響く断続的なベル音!!!実にけたたましい音で他の部屋の宿泊客もあわててる。イヤーな予感がしたんですが、原因は私でした。電気ポットの真上の壁に熱感知器があることに気づいてなかったんです。ポットの蒸気がその真上にのぼり、それで・・・。幸いホテルの従業員が駆けつけてきたりフロントからの電話が鳴る前にベル音止んでくれたんですけど。でもですよ。・・・それならこんなとこにポット置いとくなよ。しかも初めからコンセントに差し込んであるだろうに。・・・と考えてしまった私は反省が足りないんでしょうか?
夕方外出から戻った私は、エレベーターの中に手書きのメッセージを発見。そこには「今朝方の警報音は・・・・ご迷惑をおかけしたことをお詫びします」とありました。おそらく今までに何度か同じ事あったんでしょうね。とは言え、そのメッセージを読んだ時はかなり気恥ずかしかった私。(;´Д`) ノハゥ
b0028912_1243297.jpg
地下鉄の駅(と言っても、駅舎は地上にあり電車も地上を走ってました)で今度は「リターン。」と答えた私はグラスゴーの街中へ。
そもそも私、名所旧跡とか興味ないんですね。そんな所へ行って記念写真撮るくらいなら、街の中ブラブラしながら現地の人たちを眺めている方が楽しい。だからねぇ、旅行行っても写真撮らないんですよ。嫁さんと正反対。去年リバプール行ったときもほとんど撮らずに帰って叱られたし、ニューヨークでは嫁さんだけが必死に撮りまくってました。(ちなみに上の写真も私が撮ったものではありません。4月のグラスゴーはこんな涼しげな格好では歩けません。)
この日もなんちゃら大聖堂なんて所には行かず、街をブラブラ。HMVで音楽雑誌5冊買って、紅茶専門店で紅茶数種類買って・・・飯でも食おうってことに。

イギリスは言われる通り食い物まずいです。もちろん高い金さえ払えば美味なレストランもあります。そんな所で食事する人は一部ですけどね、この階級社会の国では。普通に食べる限りは、やはりまずいわけです。
和風のラーメン屋発見。ロスアンゼルスとかニューヨークとかなら珍しくもありませんが、この日本人の少ないグラスゴーにあるというだけで興味津々。来たばかりで日本食に飢えていたわけでもないのに、ついふらふらと2階へ。店内はだだっ広く、ラーメン屋というより社員食堂。3組ほど客が入ってたかな。10人ほどの従業員は3割日本人で、あとは何人かようわからんという感じ。私の後ろに7人ほどの日本人グループ。20代前半ぐらいの男女で結構大きな声で早口な会話してました。その声を背中に聞きつつ出てきたラーメン食べたわけですが、ウッ! やはりまずい。これがラーメンかよ。お前日本人としてこんなもの出して恥ずかしくねぇのかよ、でした。日本なら2ヶ月でつぶれるでしょう、こんな店。インスタント・ラーメンに毛の生えたようなしろもの。わけのわからん野菜が大雑把に乗ってました。これでもジュース代とチップ入れると2,000円です。ハンバーガーとかでもない限り、外食したら最低2,000円と考えとけば間違いないです。とにかく高いんです、この国。
これ以後食事の話題はあまり取り上げない方向で行きます。書いても楽しくないので。

外国を訪れたときには中古レコード店を巡るのが楽しみでもあります。アナログ盤の掘り出し物とか見つけると嬉しいですね。滅多にないですけど。日本のレコード店かネットで検索したほうが成果あります。それでもどこかに・・・と、探したんですけどグラスゴーにはその手のお店さえ見当たらなかったです。
大都市という感じではなく地方の中都市。いかにもそんな感じの街並みでした。日本とは趣の異なる建物ばかりですし、年季を積んだ伝統が残ってますから全く無機質な冷たさがない。のんびり散策することが出来ました。

さて、前回予告したコンサートについては次回に持ち越し。
[PR]
by junec1 | 2004-09-23 12:57 | 海外旅行・グラスゴー

Glasgow's Spirit

グラスゴー空港到着。
早速スーツ・ケースをピックアップするため Baggage Reclaim へ。ところがなかなか出てこないんですねぇ、これが。乗客数も国際線ほどではないはずなのに、とにかく出てこない。飛行機の中で見かけた顔も何人かいたので自分が乗っていた便の Baggage Reclaim に間違いはない。それなのに出てこない。何しろヒースロー空港は乗り継ぎ便の荷物が行方不明になることで有名。・・・ヒジョーに嫌な予感。・・・そのとき、ふと右隣にドアがあることに気づいた私は、そのドアに貼り付けられた紙を読んだわけです。そこには “ロンドン経由で乗り継ぎされたお客様の荷物はこちら” と書いてある。 ハイ? じゃこっちかよ! あわててその部屋へ入った私は、まもなく現れた自分のスーツ・ケースとめでたく14時間ぶりのご対面。

空港正面玄関を出るとバスとタクシー乗り場があります。そりゃぁタクシー乗ってホテルの名を告げれば一番簡単です。でもそんな旅面白くありません。頭ん中フーテンなもんでストレート・コース嫌いなんです。
予め調べておいたバスについての紙を読み、Citylink を選択。乗り場の番号を確認の上、停車していたバスに乗車。前払いです。£3.30、日本円で660円だったかな。小銭がない場合は空港の売店でジュースでも買いましょう。 車内アナウンスなんて親切なものはありません。うっかりしてると乗り過ごします。始末が悪いことにこの循環バス、行きと帰りではコースが違っているので停留所名に注意しなければならない。次に降りますよで、運転手にブザーの合図。タイミング良くね。・・・こういうのが何よりの楽しみなんです、私の旅。
バスを降りて早速グラスゴー・セントラル・ステーション探し。どうも見当たらないと判断した私は、初老の白人男性をつかまえて道を尋ねました。彼は快く私に道を教えてくれ、その方向へ進むとあっさりと駅が姿を。やはり不慣れな土地ではウロチョロするより聞くに限ります。この駅から地下鉄に乗りSECCという駅で降ります。このSECCってのがコンサート会場の名前でもあります。切符の自動販売機なんてものはなく、窓口で行き先を告げます。「シングルか? リターンか?」と聞かれ。「シングル」と答える。そぅ、片道です。£0.90、180円。二つ目か三つ目の駅だったと思います。無事SECC駅に到着。そうなんです、ここまでは何事もなく無事でした。順調だったんです。

地下鉄の駅を出た私は、地図を頼りに HOTEL CAMPANILE GLASGOW 目指して歩き始めました。スーツ・ケース引きずりながらしばらく歩き続けたんですが、どうも変。地下鉄の駅周辺もあまり人気がなかったんですが、歩いていけば行くほどひっそりとしてくる。道を聞こうにも人がいない。休憩を取っていた1台のタクシーの横を通り過ぎてしばらくすると、その先は行き止まりの気配。こりゃ引き返した方がいいだろうと、来た道を戻り始め、先ほどのタクシーの横を再び通り過ぎ・・・。50メートル位過ぎたあたりで・・・。
私の足に激痛!!!しりもちをつくように思わずへたりこむ。ふくらはぎのこむら返り。それも両足。身動きが取れない。唯々痛い。かなりの大きい声をあげたかもしれません。
すると、先ほどやり過ごしたタクシーが急いで私の所へ。降りてきた運転手は「どうした? 大丈夫か?」と声をかけてくれたんですが、とにかく痛くて声が出せない。その様子を見て運転手は「どこまで行くんだ?」と私に尋ねます。声の出せないまま地図を渡したところ、彼は「よし、わかった。大丈夫だ。」と言い、私の荷物をタクシーの中に。ほんの少し痛みがひくまで待ってもらい、足を引きずりながら車内へ。“何のためにここまで苦労して来たんだよ。ここまで来て結局タクシーかよ。でもあそこにタクシーが居てくれて運が良かった。助けてもらえただけで有難い。” などとアホなこと考えているうちにタクシーはホテル前に。彼は荷物を降ろしてくれ、私は恐る恐る車外へ。財布を出し「幾らですか?」と聞くと、彼は首を横に。そして、「そんなつもりではない」と言って受け取ろうとしない。「気をつけて」の言葉を残して走り去った彼。いゃぁ、嬉しかったですねぇ、この時は。涙が出そうになった。何度有難うを言っても足りないくらい。人情って日本だけのもんじゃないですよ。実際イギリス人って親切な人多いですしね。

ゆっくりゆっくりホテルのフロントにたどりついた私。フロントの若いお兄ちゃんが愛想良く 「ヨウコソ イラッシャデシタ。・・・ワタシノニホンゴ、ジョウズナクテ スニマセン」 「いやいや上手です。」とは応えたものの、頭の中は足の不安でいっぱい。頼む、部屋に入るまでもってくれ。
部屋にたどり着いた私。四つん這いになりながら部屋の中を歩いていたんですが、再び両足こむら返り。激痛にのたうち回り。(*´Д`)ハァハァ
・・・・・結局その夜は、食事もとらずに寝る羽目に。

さて、次回はコンサート初日です。
[PR]
by junec1 | 2004-09-22 19:41 | 海外旅行・グラスゴー