Everyday I Have The Blues

カテゴリ:海外コンサート R RANDOLPH( 2 )

ROBERT RANDOLPH AT THE HALLAM FM ARENA

b0028912_17104721.jpg冬を終えたイギリスの日没は遅いです。7月下旬に訪れた時は午後10時近くまでは明るかったので、夜という概念についてちょっと感覚が変になったほど。午後7時30分。5月のこの時期、日本ならあたりは暗くなっている時間ですが、まだまだどうしてどうして。あと1時間は・・・。

b0028912_18131373.jpg今夜も始まりました、ROBERT RANDOLPHの心地よいペダルスティール・ギター・ソロ。3分半程のソロが終わると血湧き肉踊るノリノリ・タイムに突入。とにかく楽しい。そして熱い。ブルースとジャズ・ファンクの匂いぷんぷんさせながら、時にジャム・バンド的展開。アップ・テンポ2曲続けて観客を興奮させたところで、ROBERTが立ち上がりエレクトリック・ギターに持ち替え。一転バラード・ナンバーです。曲の途中からはキーボードのJASON CROSBYがエレクトリック・バイオリン弾きまくり。この辺でECお目当ての観客も“只者じゃないぞ、こいつら。”と感づく。そして、インストのVoodoo Chileが始まると(・∀・)ニヤニヤ状態。
b0028912_1917384.jpgそしてとどめのラスト・ナンバー。これが凄い。アップテンポの大ノリノリ。ROBERTのペダルスティール高速で歌いまくり。ドラムスはかっ飛ばしでベースはブンブン。この曲、私にはもうすっかりお馴染みとなっていました。しかしこの日になって初めて見る展開が待っていたんです。
各楽器の即興で盛り上がるのはいつも通りだったんですが、途中でなんとROBERTとドラムスのMARCUS RANDOLPH(ROBERTのいとこ)がポジションを交代。そのまま再びぶっ飛ばしていく。観客が「おぉっ」と思ったのも束の間、次はベースのDANYEL MORGANとROBERTが交代。もう観客はびっくり。再々ぶっ飛ばしの後、今度はROBERTとMARCUSが交代。再々々ぶっ飛ばして最後に元通りのポジションへまた交代。b0028912_1939278.jpg
やんややんやです。あれ観て興奮しない人はまずいないでしょう。その後ロンドンのROYAL ALBERT HALLでも同じことをやり、観客からスタンディング・オベイションで称えられたとか。
空恐ろしいバンドです、彼ら。是非ご一聴を。

さて、次回はECです。どうなったことやら。
[PR]
by junec1 | 2004-10-10 19:54 | 海外コンサート R RANDOLPH

ROBERT RANDOLPH AT THE SECC

b0028912_18203416.jpg大抵の場合、お客さんは前座に期待などしていません。トイレ・タイムだったり、グッズ買うのに忙しかったり、たとえ座席に座っていてもまともに聴いてなかったり、ひどいのになると “7時にコンサート始まる? じゃ8時に行きゃいいや。”ってな調子。

前座に立つミュージシャンにも二つのタイプがあります。大物の前座であってもマイ・ペース、取り立てて張り切るわけでもない淡々型。EC 2001年ツアーでのDOYLE BRAMHALL Ⅱがこれで、案の定ECファンには評判がよろしくなかった。その冷たい反応にはちと可愛そうだなと思ったものです。
逆に熱血型というタイプもいて、せっかくのチャンス、いいとこ見せてやろうぜ・・・と、与えられた短い時間に全力投球。これに技量が伴っていると思いもかけなかった歓声を浴びることになります。その昔には前座がメイン食っちゃって、それを契機にスター街道、なんて伝説も。
このツアーでのROBERT RANDOLPH & THE FAMILY BANDは明らかに後者の熱血型。まったくの手抜きなしに約30分。聴く気もなかったECファンたちの視線と耳を釘付けにしました。ペダル・スチール・ギターでこんなに熱い音楽できるんだぁと誰もが驚嘆。ブルースに根ざしながらもそれだけに留まらない音楽性。ジャズや教会音楽あたりの影響も大で、それでいてジミヘンやツェッペリンまで飛び出してくるんだからたまらない。インストのVoodoo Chileが始まった時にゃ、イェーィ!!ってそりゃぁ大騒ぎ。
メンバー個々の技量とフィーリングがベスト・マッチのバンドってなかなかないですよぉ(その恐ろしいまでの証明を後日のシェフィールド公演で見せつけられることになるんです。)。メインのECが毎日同じセットリストだったのに、この前座は日によって演奏する曲目変えてましたからね。一躍私のお気に入りバンドとなったわけです。
いゃぁーーーー得した気分。ヽ( ´ ▽ ` )ノ

さて、次回はいよいよ御大ECの登場。
[PR]
by junec1 | 2004-09-24 19:37 | 海外コンサート R RANDOLPH