Everyday I Have The Blues

カテゴリ:音楽・VOW WOW( 12 )

VOW WOW (12) 解散その2

改めて「キラリ熱熱クラブ」観たんですけど、やはりつまらなかったです。イギリス時代の曲(NEIL MURRAYがレコーディングに参加したTELL ME含む)はともかく、SPEEDとかMOVE TO THE MUSICなんてVOW WOWのやるべき曲じゃないですよ。「夜のヒットスタジオ」でプレイしたSO FAR, SO GOODも同様。なんだ、この当たり前の平均的アメリカン・ロックは!人見元基が歌ってなかったらクソみたいなもので・・・・・、と超極私的な意見表明から始めます(笑)

5月28日に武道館でたった1度の日本公演。この公演もコンプリートではありませんがビデオ化LD化されています。そして、この公演以後再び彼らは沈黙します。
アメリカでの本格的活動開始のはずなのに。
アルバムのリリース、レーベル契約が難航していたものと思われます。日本人であることもかなりの足かせになったといいます。イギリスでは「日本人のハードロック?面白そうじゃないか。」でも、アメリカではそうはいかなかった。私、アメリカのマーケットを意識してレコーディングしたばかりに裏目に出たと信じて疑いません。彼らの良さが消えてしまってますから。
意識したにも関わらずブリティッシュ臭さは抜けず、アメリカのレコード会社に売れるアルバムと判断されなかった。それどころか、それまでのVOW WOWを評価していた第二のお里であるイギリスでさえ『MOUNTAIN TOP』はリリースされず。

周囲の評価はどうであれ、出来上がったアルバムに自分たちが自信を持っていて、LAでのライヴ活動がイギリス同様に行えたのであれば(結局渡米後1本もやっていません)解散はもう少しあとだったんだろうと思います。たとえアメリカでのリリースがうまくいかなくても。
または、アメリカでのリリースが決まりさえすれば、たとえアルバムの方向性や出来に満足していなかったとしても、メンバーから解散の声があがることはなかったでしょう。
彼らの内と外で八方ふさがりの状態。それが5月28日以降の沈黙だったんだろうと・・・。

b0028912_22192088.jpgアメリカという選択にしてもBOB EZRINという選択にしても、この時期のバンド内主導権は間違いなく山本恭司にあったんだろうと思われます。
イギリス時代もそうではあったんでしょうが、人見元基のヴォーカルと厚見玲衣のドラマチック・キーボードにかなりの部分で譲歩していました。渡英後彼のギター・プレイが叙情的な方向に変化して、美しいメロディ・ラインを奏でるようになったのもこうしたことからでしょう(彼自身にとってはイギリス向けのスタイルをとっただけのことかもしれませんが)。
VOW WOW解散後のWILD FLAGや現BOWWOWを聴く限り、彼の本来好きなプレイはワイルドなアメリカン・ハード。全キャリアを通してみれば、むしろVOW WOW時代の方が異色です。
バンドが渡米することに最も積極的だったでしょうし、最も夢を描けるのも彼だったんでしょう。商業的成功とかに最も野心があったのも彼。というか、彼にとってはBOW WOW結成当時からそうした成功を意識することが当たり前だったわけですから。
悪い言い方をすれば、成功するためには変節をもいとわない山本恭司。日本語のポップ路線もやったしイギリス向けのサウンド・プロダクションも、そしてまたアメリカへ。彼にとってはすべて自然な流れだったんでしょうが、他のメンバーとの温度差は少なからずあったことでしょう。
「夜のヒットスタジオ」で司会者が「へヴィメタの・・・・・。」と紹介した時、人見元基が「せめてハード・ロックと言って欲しい。」と遠慮がちに発言したことがありました。しかしながら、恐らく山本恭司はどう呼ばれようと成功すれば許せたんではないかと。

10月、沈黙を守っていた彼らからマスコミ向けに1本のFAX。・・・解散・・・

さて、次回はその後のVOW WOW。
[PR]
by junec1 | 2004-11-24 22:24 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (11) 解散その1

3月21日の川崎クラブチッタ公演。3月28日放送のテレビ番組「キラリ熱熱クラブ」用の公開ライヴです。
b0028912_13195472.gif
『MOUNTAIN TOP』リリース直前の不安は的中でしたね。
新曲に魅力的なものがなく、どれもこれもパッとしない。煮え切らないんです。やはりLAで録音しただけあって、今までとはどこか違う。曲調もアレンジも軽い。それまでの荘厳さはどこへやら。それならそれで完璧にアメリカンかと言うとそうでもなくて、イギリス時代の尻尾もちらほらと(当たり前ですね。人見元基と厚見玲衣がいる限り)。どっちつかずなんです。まさしくブリティッシュ・バンドが柄にもないアメリカン・ロックやってる感じ。
ベースのMARK D. GOULDもなんとか映ろうと目線がテレビ・カメラ追いますからね。それで他のメンバーのステージング邪魔するようじゃしようがねぇだろ。とんでもないナルシスト。ホントに200人もオーディションしたのかよ。別にこいつじゃなくてもいいだろう。・・・っていう音楽始めちゃったVOW WOWなわけです。

確かに前作『VIBe』でやり過ぎたというか、あそこまで立派な作品作っちゃうとこの先・・・っていう気持ちがメンバー(特に山本恭司)にあったのかもしれません。でもだからって今更アメリカン・ロック風味でもないでしょう。彼らはMOTLEY CRUEやKISSやVAN HALENになどならなくたっていいのです。彼らが目指すべきポジションは、音楽の方向性こそ違えQUEENのようなものではなかったかと。どう聴いてもブリティッシュ。それでいてワールドワイドという、あの感じ。

「キラリ熱熱クラブ」の中のインタビューで山本恭司が「出来上がった『MOUNTAIN TOP』にアメリカのレコード会社から色々オファーが来ていて、今、弁護士と・・・」と語っていますが、それもどうだかなぁ。BOB EZRINという大物プロデューサーがついていても、結局このアルバムはアメリカのレコード会社からリリースされませんでした。
通常向こうで言うプロデュースは、日本で想像するのとは違い、セールス面をも含む仕事。・・・とすると、BOB EZRINの肝煎りであったとするなら、普通に考えてどこかのレコード会社とは契約できるはず。つまり、BOB EZRINはあくまで『MOUNTAIN TOP』のサウンド・プロダクションのみを引き受けたんだろうと想像できるわけです。あの山下達郎(だったと思う)もアメリカ人プロデューサーに「(アメリカ国内での)セールスのことは勘弁してくれ。責任持てない。」と言われ、「いや、サウンド面だけでいい。」と答えたことがあるそう。だとするなら、これって日本のミュージシャンの海外録音によくある話で、たとえBOB EZRINだろうが誰だろうが珍しくも有り難くもない。

アメリカのレコード会社がどこも引き受けてくれない。これがバンド解散の最も大きな引き金だったんだろうと思います。

さて、次回は最後のコンサートを終え解散に至るまでを勝手に推察。
[PR]
by junec1 | 2004-11-19 13:28 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (10) BOB EZRIN

アメリカに渡った彼らは、イギリスにおいてそうであったようにLAに居を構えることになります。日本から通うのではなく、実際に住んでしまうわけですが・・・・。
初めから無理があります。だってLAですよ。彼らのサウンドのどこにカリフォルニアの青い空があります?確かに当時はLAメタルとかがまだ賑やかな頃で、ハード・ロックならLAということだったんでしょう。それにしたってLAといえば、あのMOTLEY CRUEやRATTですよ。脳味噌筋肉の肉食サウンド!
ハードでありながら緻密に構築されたドラマチック・ロックであるVOW WOW・・・LAじゃ異端でしょう。LOUDNESSじゃないんだから。

アメリカに渡ってすぐの11月、やっと新ベーシストが決定します。MARK D. GOULD。無名の新人です。VOW WOW解散後は名前を聞きません。ネットで検索して何もヒットしないところを見ると、その後プレイヤーとしては成功しなかったんでしょう。VOW WOWが見込むだけの腕があったんでしょうに。

b0028912_18221445.jpg早速新メンバーと共に11月から1990年2月まで新アルバムのレコーディング。山本恭司によれば先にエンジニアが決まったそうで、そのエンジニアの伝で大物プロデューサー BOB EZRINと知り合ったんだとか。VOW WOWのビデオなどを見せたところ、大変気に入ってくれてプロデュースを引き受けてくれたんだそう。
うーむ。大物の売れっ子プロデューサーがたまたまオフだったとするなら、かなりラッキー。しかも渡米してわずか1ヶ月後にレコーディングが始まっていることを考えると・・・、日本を発つときからプロデューサー決まっていたと考える私は純じゃなさ過ぎます?

b0028912_1462725.jpgBOB EZRINといえば、KISS, AEROSMITH, ALICE KOOPER, PINK FLOYD, PETER GABRIEL, LOU REED, KULA SHAKER. NINE INCH NAILSなどなど蒼々たるミュージャンをプロデュースしてきた人。山本恭司が「僕のヒーローだったプロデューサー」というのもなるほどなんですが。
でもねぇ、この蒼々たるメンツとVOW WOWがどうしても結びつかないんですよ、私の頭の中で。いや、山本恭司だけならわかるんです。KISSやVAN HALENが好みらしい彼のことですから。彼のソロやBOW WOWを聴けばBOB EZRINもなるほど、なんです。でもVOW WOWとなると・・・。違うだろうって思いません?
イギリス時代のシングルDON'T LEAVE ME NOWのときはプロデューサーにJOHN WETTON。これは大成功だったんですけどねぇ。

さて、出来上がったアルバムが『MOUNTAIN TOP』。
そして、凱旋帰国。武道館でコンサートかました勢いでアメリカでも・・・となるはずだったんですが、・・・この続きは次回。
[PR]
by junec1 | 2004-11-17 17:36 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (9) 起死回生目指してアメリカへ

b0028912_18452563.jpg1989年5月にNEIL MURRAYが脱退して以降、10月に渡米するまでの5ヶ月間に何があったのかについては詳しくありません。ほとんどインフォのない状態が続いていました。
その後、山本恭司がインタビューにおいて「日本人も含めると200人ぐらいベーシストのオーディションやった。」と言っているので、イギリスと日本双方で、ということなんでしょう。技量と共に“見た目”を意識するバンドでしたからね。ま、なかなか難しかったろうと。

彼らは確かにイギリスにおいてある程度の評価と成果を収めていました。しかし、それはNEIL MURRAYの存在あってこそ。ファンはともかく、少なくともレコード会社やプロモーターにとっては・・・です。その“売り”がなくなってしまったバンドは魅力半減。音楽的にどうこうより商売としての旨みがない。急遽イギリス人のサポート・ミュージシャンを加えてみる手もあったと思いますが、それでも大した仕事はなかったでしょうね、あっと驚くようなベーシストでもない限り。
そもそも彼らがたった1年4ヶ月の間にイギリス・ミュージシャン・ユニオンに加入できたのも、NEIL MURRAYの存在が大きな力となっていたわけですし。

この非常事態を指して「居場所がなくなりイギリスを追われるように」と揶揄する人もいますが、とにもかくにも彼らは渡米を決意します。新ベーシスト決定を待たずに。
山本恭司はこの時のことを「アメリカ、イコール世界みたいなとこがあって。自分たちもそろそろいいんじゃないかって。機は熟したろうと・・・。」と言っていますが、本心であったとすれば大きな判断ミスであったろうと思います。イギリスにおいて3,000人クラスのホールを常時満杯にできてこそ機が熟したと言えるはずで、当時の彼らはまだまだでしたから。あの程度の成功ではアメリカ人に鼻も引っ掛けられないのは目に見えていました。時間をかけてイギリスでもっとビッグになるべきだったろうと。彼らの音楽がアメリカ人のリスナーに受けるものとも思えませんでしたし。

さて、次回は渡米後の VOW WOW の予定。
[PR]
by junec1 | 2004-11-15 18:47 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (8) 絶頂期の終焉

当時はNHKBSの試験放送中だったか、本放送が始まったばかりの頃。週に2日程夕方にハードロック専門番組を放送していたと記憶しています。イギリス制作の番組に日本語字幕を乗っけて。
その番組の中でスタジオでツアー・リハーサル中のVOW WOWが取り上げられたことがあり、結構大きな扱いだったことに驚きました。それだけでなく、いかにもハードロック番組の司会者然とした男が「VOW WOW、いいバンドだぜぇ。最高だ、こいつらは。」と大絶賛。返す刀で「SAXON?ケッ、まだやってたのか。」とのたもうた。素晴らしい毒舌家でしたな、彼は。その彼が手放しで褒め上げていたVOW WOW。そう、この頃が絶頂期でしたねぇ。

b0028912_1920328.jpgこのツアー・リハーサルを終えて1989年のHELTER SKELTER U.K. TOURが3月2日のOXFORD POLYTECHNICよりスタート。3月25日BURY ST. EDMUNDS, CORN EXCHANGEまでの24日間で19回の公演。この中のLONDON ASTORIA公演の模様はビデオ収録され、後に『LIVE IN THE UK』としてビデオ及びLD化されています。また、NHKBSで2度に渡って放送されました。コンプリートではありませんが、絶頂期の映像が残されたことは幸運でした(いつの日かコンプリートでDVD出してよ、東芝EMIさん)。

しかしこの絶頂期のなんと短かったことか。
5月中旬にWARLOCKのサポートとして西ドイツにおいて4回のステージ。これの終了後、肝心要のNEIL MURRAYが突如バンドを脱退してしまいます。BLACK SABBATH加入を誘われてのことでした。
私の推測でしかありませんが、この時のNEIL MURRAY、音楽的にはVOW WOWで続けたかったんだと思ってます。機会があったら、VOW WOWのメンバーとしてプレイしている彼の姿をビデオで観てください。ホント楽しそうですから。
かたや、TONY IOMMIが昔の名前で食い続けてる瀕死の有名バンド。・・・でもお金にはなるんですな、これが。・・・ま、NEIL MURRAYほどのミュージシャンが2年も付き合ってくれただけでも感謝すべきで、この時BLACK SABBATHを選択した彼の決断を誰も責められないでしょうね。

しかしながら、残されたVOW WOWにとっては非常事態。単にベーシストの不在というだけでなく、イギリスにおける看板を失ってしまったのですから。NEIL MURRAYを超える名前と腕を持ったミュージシャンなど、そう簡単に見つかるはずもなく。
VOW WOWの活動は休止状態へと追い込まれます。というより、後任のベーシストを決められなかったこの時点で、既にVOW WOWは終わっていた、と言って良いかもしれません。

さて、次回は VOW WOW (9) 起死回生目指してアメリカへ、です。
[PR]
by junec1 | 2004-11-07 19:42 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (7) 成功

88年はシングル用楽曲ROCK ME NOWと企画アルバム用楽曲HELTER SKELTERのレコーディングで幕開け(後に両曲ともアルバム『VIBe』に収録)。

5月末、東京音楽祭(いつの間にか無くなってしまった)ゲスト出演のため帰国。ビデオを改めて観直してみると、この時既にTALING 'BOUT YOUをプレイしています。このことから、『VIBe』のレコーディングもだいぶ進んでいたものと思われます。

b0028912_13412492.gif9月、アルバムを完成させたVOW WOWはこの年2度目の帰国。ハード・ロック・ファンにはお馴染みのドラマーTOMMY ALDRIDGEと東京、名古屋、大阪で3回のセッション(TOMMY ALDRIGE DRUM SEMINAR)。更にTV出演などをこなした後 『VIBe』リリースに伴う JAPAN TOUR '88 VIBE。11月6日の川崎クラブチッタを皮切りに12月20日の新宿厚生年金会館まで計13回の公演。

この頃になると一種風格めいたものまで漂い始めてます。渡英後小さいライブから始めて、現地の観客・レコード会社・放送関係者に注目され・・・という、自分たちの力で勝ち取ってきたものに対する自信。事実、新人の彼らがリリースしたROCK ME NOWもHELTER SKELTERもイギリスにおいてかなり好調なセールスを記録しました。大体UTADAにしても、久保田利伸にしても、あの程度は向こうにざらにいるわけですよね。日本で言うバタ臭さなんて、あちらのリスナーにとってはミルクの匂いもしないんだろうと・・・。インスト・ミュージシャンなら成功の例もありますけど、好き好んで日本人のなんて聴かんわけです。まして、イギリスでさえ大物でもなければチャートに乗りにくいハード・ロック。VOW WOWがイギリスで残した評価とセールスは成功と呼ぶにふさわしいものでしょう。

この年の〆は大晦日のカウントダウン・コンサート『ROCK'N' ROLL BAND STAND』(NHKで放送)。盛岡の岩手産業文化センター。この時のNIGHTLESS CITYからHURRICANEへ間髪入れずに移行していくカッコ良さ。たまりません。
まさかこの5ヵ月後に・・・・・

さて、次回は VOW WOW (8) 絶頂期の終焉 の予定ですが、あくまで予定。
[PR]
by junec1 | 2004-10-28 13:42 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (6) 帰国コンサート

b0028912_1823814.gifアルバム『V』のレコーディングを終えた87年8月。
新メンバーNEIL MURRAYを加えての初ステージがあのREADING FESTIVAL。
現地では全くの無名バンドながら驚きを交えた喝采を浴びます。私もこの時のビデオを観たことありますが、イギリス人たちを熱狂させたというインフォもあながち誇大宣伝ではありません。この成功にはNEIL MURRAYの存在も大きく貢献。技量の面だけでなくブランドとしてです。彼の知名度からして、“日本のバンドに?!”と注目されて当然ですし、彼が在籍しているだけで好意的に扱われたろうと想像できます(反面、解散のきっかけを与えたのも彼でした)。

FESTIVAL終了後、2回のコンサートとプロモーションのため日本へ帰国。
10月1日に行われた武道館公演は当時テレビ神奈川の『ライブ・トマト』で放送されました。横浜の知人に頼み込んで録画してもらったビデオ・テープ、いまだに健在です。人見元基は余裕でシャウトしてるし、NEIL MURRAYのベースはバンドに重厚感をもたらしてるし、山本恭司のギターは渡英前より明らかに歌心あるんですよ。かっこいいです、やっぱり。
DVDに落としとくかな。。。
b0028912_18151825.jpg『ライブ・トマト』で放送された曲目は以下の通り。
    DON'T TELL ME LIES
    THE GIRL IN RED
    SOMEWHERE IN THE NIGHT     
    NIGHTLESS CITY
    DON'T LEAVE ME NOW
    DONCHA WANNA CUM
    SHOT IN THE DARK

約1ヶ月半の滞在を終えた VOW WOW は再びイギリスへ。11月中旬から12月末まで計20回のUKツアー。

さて、次回は VOW WOW (7) の予定ですが・・・。
[PR]
by junec1 | 2004-10-25 18:35 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (5) NEIL MURRAY

b0028912_15341079.gif1986年11月、VOW WOWはイギリスに渡ります。
なんと到着2日後にはロンドンのMARQUEEで一発目のギグをかましています。その後12月中に3回のギグ。

本格的始動は翌87年から。2月の頭から4月の頭まで計12回のUKツアー。ここでの好評があの超有名なREADING FESTIVAL出演へとつながります。
しかしながら、UKツアー終了後にオリジナル・メンバーのべーシスト佐野賢二が突如脱退。順調そうに見えた彼らの活動を停滞させることともなります。
メンバーとファンから親しみをもって“きんさん”と呼ばれていた佐野賢二。愛されていたキャラだけに言いづらいんですが、・・・・私、結果的に良かったと思っています、この脱退。これについては後にライブ・ビデオ3作の検証という形で述べます。

さて、彼の後釜なんですが、アッと驚くNEIL MURRAY!!!
b0028912_15242060.jpgこれはまさに衝撃でしたね。よりによってNEIL MURRAY。WHITESNAKEはもちろん、イギリスの名だたるバンドを渡り歩いてきた実力派。っていうか、あのCOZY POWELLあるところにこの人ありっちゅう人物で、誰もが認める鉄壁のリズム・セクションなわけです。
彼なら幾らでも高収入の就職口あるだろうに、海のものとも山のものともつかない無名ジャパニーズ・バンドにその後2年間も在籍したという事実!ただでさえメンバーの出入りが激しいハード・ロック業界。この意味は大きいです。

さて、次回はいよいよ絶頂期を迎える VOW WOW (6) です。
[PR]
by junec1 | 2004-10-20 15:35 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (4) 様式美

新メンバー人見元基と厚見玲衣の加入はBOW WOW(新編成後しばらくの間はVOW WOWではなくBOW WOW)の楽曲に大きな変化をもたらしました。
ややもすれば一本調子、メチャ上手いんだけど味がないバンドだった彼ら。そんな彼らが“ドラマチックな展開”を持つ楽曲に挑み始めます。この変化は必然。豊かな表現力を持つヴォーカリストと凄腕のプログレ系キーボーディストが加入したわけですから。2人とも有り余るタレントの持ち主です。

デビュー・アルバム『Beat Of Metal Motion』こそ英語と日本語半々の妥協作でしたが、それ以降徐々に真価を発揮。

b0028912_12501229.gifそして、ついにブリティッシュ・ロック・バンドVOW WOWの誕生です(ま、単に傾向としては、ってことです)。
ゴリ押しアメリカン・ハードではなく、メロディ・ライン重視。脳天気に明るいポップ・ロックではなく、湿り気含んだサウンド・プロダクション。そこにクラシックの香りもふりかけて・・・。まさにブリティッシュ系様式美の王道です。
ハード・ロックの様式美というと、とかく髪の長さとか、鋲とか、細身のスパッツとか、・・・笑いを誘うような特徴(彼らも大いに当てはまっていたりしますが・笑)に目が行きがちですけど、ここで話題にしたいのはそういうことではありません。
んー、音楽面での様式美および構築美が彼らの最大の魅力だと思うわけです。
美しいメロディ・ライン、緻密に計算されたドラマチックな展開、ダレさせることのない圧倒的技量、そして何よりも大切な熱いロック魂(わっ、気恥ずかしい表現)。
よくLOUDNESSや他の日本のヘヴィメタ系バンドと同列に並べて論じられますけど、かなり無理があると思いますね。全然タイプが違いますから。

新たなバンド・サウンドを2年間国内で熟成させている間にもセカンド・アルバム『CYCLONE』がイギリスでリリースされたり、アメリカのキャピトル・レコードと契約を結ぶことに成功した彼ら。当然海外を目指すこととなります。

さて、次回は渡英後の VOW WOW (5) になるかどうか。
[PR]
by junec1 | 2004-10-19 12:53 | 音楽・VOW WOW

VOW WOW (3) 人見元基

人見元基。
この人を語るときに用いられる形容といえば、脅威のハイトーン・ヴォイス!その声量といいパワーといい、二言目には《日本人離れした》と表現されました。でも、これちょっと違います。なぜそこまで卑下した物言いになってしまうのか。もうそういうレベルじゃありませんから。完璧にワールド・クラス。世界のどこに出しても恥ずかしくないのではなく、彼ほどに歌えるロック・ヴォーカリストは世界中を探してもそう数多くはいないです。そのシャウトを聴けば全盛期のROBERT PLANTやIAN GILLANでさえ裸足で逃げ出す。私の尊敬するPAUL RODGERS先生に匹敵する名ヴォーカリストなのであります。(絶賛)
そして偉大なのはこれら先駆者のコピーではないという点です。もうほかの誰でもない。一声発しただけで人見元基。え?それなら現役世代にもいるって?
b0028912_1875933.gif確かにハイトーンは近年J POPの定型とも言えるわけですけど、この人のような圧倒的な表現力を持った人は残念ながら・・・。そう、たとえどんなハードなナンバーであっても、その中で情感あふれるメロディーを歌い上げてしまう。自分に都合のいい節回しや日本語をポップスのリズムに乗っけるためにハイトーン出してるわけじゃないんです。
もちろん低音域だって素晴らしいですからね。彼らのバラード曲聴いてみてください。ワイルドでありながら、且つ心の琴線震わせる情感。この手の音楽を毛嫌いする人たちにこそ是非一度賞味して欲しいものです。

轟き渡る雄叫び(笑)、有無を言わせぬパワーと声量。あまりにも豊かな表現力。それゆえに時として「息苦しい。くどい。」と評されることも。でも、くどくないROCKなんて・・・。

さて、次回は VOW WOW 本体に話題をシフト。
[PR]
by junec1 | 2004-10-17 18:11 | 音楽・VOW WOW