Everyday I Have The Blues

タイプ

エキサイトは YouTube 貼れないのか。不便だな。
ていうか、彼女のお天気お姉さんぶりは、YouTube にアップされても、ことごとく削除される運命。
ということで、
甲斐まり恵が好きさ。ここをクリック。
世の中、どうもフジテレビのお天気お姉さんばかりチヤホヤする傾向にあるようだが、私は断じて彼女だな。、、、、、この人、実は女優さんらしい。
ま、芸能人だからね。無責任に顔と雰囲気に惚れるわけ。だからって、特別、タイプってわけでもない。毎朝さわやかな、ちょっと気になるあの子、って感じかな。

今まで色んなお姉ちゃん好きになってきたわけだけど、、、、見た目のタイプってのは、あんまりないかなぁ。痩せた人もいたし、太った人も。美人もいたし、そうでもない人も。

小学生の頃は頭のいい女の子に弱かった。いわゆるクラス委員(長)みたいな子。私のマニアックな側面を表しているわけだが(笑)
優秀な女の子の最も負の部分で、男に嫌われる最も大きな要因といえば、顔に “利口”って書いちゃうとこ。でも、中にはいたのよ、勉強できることを鼻に掛けない女の子が。そういう子に備わってるものって、何とも言いがたい知性美なんだな。今更の話だけど、勉強ができるってだけじゃ、頭がいいってことにはならない。イコールじゃない。

じゃ、頭のいい子じゃなきゃ駄目だったのかというと、これがそうでもない。
高校の頃に好きになった子とか、芸能人って、、、いわゆる童顔タイプ。年齢より幼い感じで、利口とかそんなことより、ただひたすら造形的に可愛らしい女の子。
でも、たいていの場合、中身とのギャップに痛い目を見ることになる。もう、見事なくらい。そりゃないだろうってな感じで、振り返るのもおぞましい。
b0028912_1526836.jpg

NHKのテレビ小説なんて、片手で数えられるくらいしか見たことないんだが、、、、、、
先日ザッピングしていたら、あの和久井映見が出ていた。それも、主人公らしき女性の母親役で。
あまりの違和感に、2人の女優の実年齢を調べてみると、36歳と21歳(2人とも12月生まれ)。おいおい、15歳の時の子供かよ。ちと無理ありすぎ。ていうか、和久井には早すぎるだろう、こういうの。

彼女が出演していれば何でも見る、ということでは全くないんだが、私は昔から彼女のファンだ。
顔がどうとか、演技がこうとか、その辺はあまり関係ない。まして、彼女の頭が良かろうが悪かろうが、どうでもいい。そんなもの、鼻クソみたいな価値基準。
そんなことより何より、彼女の佇まいにどうしても惹かれてしまう。あの翳だ。
彼女の家庭環境や私生活に詳しいわけではない。いや、実際の彼女がむしろ明るい人なんだとしても、あの翳のある佇まいは、私にとっての、、、、永遠のタイプ(同じような匂いは桜井幸子あたりにもあるんだが、彼女の場合は色んな意味で、ちとアヤシイ魔性も備えていて)。
これから先どんな役をやろうと、彼女の口からどんな毒が吐かれようと、彼女が抱えているあの淋しい翳は、いつまでも私を惹きつけてやまないんだろう。

がんばれ、和久井映見。(結論これかい!)
[PR]
by junec1 | 2007-11-14 11:23 | 気になる | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://rory5990.exblog.jp/tb/7705597
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimico_mimico at 2007-11-15 21:38
和久井映美も桜井幸子も、オレ、大好き。
桜井さんの魔性は、ほんと、他に類を見ないよねw
ふたりとも、翳があるのに加えて、
あの独特の鼻にかかった声。それも魅力なんだよね。
最近、さすがに主役格ではなくなったけど、
エンディングロールのラストに名前があると「さすが!」って思うね。
Commented by junec1 at 2007-11-18 12:18
>mimico_mimico chan
これはオレの嗅覚でしかないんだけど、基本的に2人とも暗い人なんだと思うのね。あのただならぬ翳は。
でも、気性はだいぶ違っていて、和久井は欲のないタイプ。桜井は良くも悪くも女優なんだろうと思うわけ。
自分の思いを語らないことによって男に振り回されるタイプと、悪気はなくても男を振り回すタイプの違い、ってとこかな。
オレは和久井のほうが好きだけどね。

http://holiday22.keyblog.jp/blog/10014491.html
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 男心、女心 その1 手 >>