Everyday I Have The Blues

VOW WOW (7) 成功

88年はシングル用楽曲ROCK ME NOWと企画アルバム用楽曲HELTER SKELTERのレコーディングで幕開け(後に両曲ともアルバム『VIBe』に収録)。

5月末、東京音楽祭(いつの間にか無くなってしまった)ゲスト出演のため帰国。ビデオを改めて観直してみると、この時既にTALING 'BOUT YOUをプレイしています。このことから、『VIBe』のレコーディングもだいぶ進んでいたものと思われます。

b0028912_13412492.gif9月、アルバムを完成させたVOW WOWはこの年2度目の帰国。ハード・ロック・ファンにはお馴染みのドラマーTOMMY ALDRIDGEと東京、名古屋、大阪で3回のセッション(TOMMY ALDRIGE DRUM SEMINAR)。更にTV出演などをこなした後 『VIBe』リリースに伴う JAPAN TOUR '88 VIBE。11月6日の川崎クラブチッタを皮切りに12月20日の新宿厚生年金会館まで計13回の公演。

この頃になると一種風格めいたものまで漂い始めてます。渡英後小さいライブから始めて、現地の観客・レコード会社・放送関係者に注目され・・・という、自分たちの力で勝ち取ってきたものに対する自信。事実、新人の彼らがリリースしたROCK ME NOWもHELTER SKELTERもイギリスにおいてかなり好調なセールスを記録しました。大体UTADAにしても、久保田利伸にしても、あの程度は向こうにざらにいるわけですよね。日本で言うバタ臭さなんて、あちらのリスナーにとってはミルクの匂いもしないんだろうと・・・。インスト・ミュージシャンなら成功の例もありますけど、好き好んで日本人のなんて聴かんわけです。まして、イギリスでさえ大物でもなければチャートに乗りにくいハード・ロック。VOW WOWがイギリスで残した評価とセールスは成功と呼ぶにふさわしいものでしょう。

この年の〆は大晦日のカウントダウン・コンサート『ROCK'N' ROLL BAND STAND』(NHKで放送)。盛岡の岩手産業文化センター。この時のNIGHTLESS CITYからHURRICANEへ間髪入れずに移行していくカッコ良さ。たまりません。
まさかこの5ヵ月後に・・・・・

さて、次回は VOW WOW (8) 絶頂期の終焉 の予定ですが、あくまで予定。
[PR]
by junec1 | 2004-10-28 13:42 | 音楽・VOW WOW
<< Practice makes ... Awful Personal ... >>