Everyday I Have The Blues

VOW WOW (5) NEIL MURRAY

b0028912_15341079.gif1986年11月、VOW WOWはイギリスに渡ります。
なんと到着2日後にはロンドンのMARQUEEで一発目のギグをかましています。その後12月中に3回のギグ。

本格的始動は翌87年から。2月の頭から4月の頭まで計12回のUKツアー。ここでの好評があの超有名なREADING FESTIVAL出演へとつながります。
しかしながら、UKツアー終了後にオリジナル・メンバーのべーシスト佐野賢二が突如脱退。順調そうに見えた彼らの活動を停滞させることともなります。
メンバーとファンから親しみをもって“きんさん”と呼ばれていた佐野賢二。愛されていたキャラだけに言いづらいんですが、・・・・私、結果的に良かったと思っています、この脱退。これについては後にライブ・ビデオ3作の検証という形で述べます。

さて、彼の後釜なんですが、アッと驚くNEIL MURRAY!!!
b0028912_15242060.jpgこれはまさに衝撃でしたね。よりによってNEIL MURRAY。WHITESNAKEはもちろん、イギリスの名だたるバンドを渡り歩いてきた実力派。っていうか、あのCOZY POWELLあるところにこの人ありっちゅう人物で、誰もが認める鉄壁のリズム・セクションなわけです。
彼なら幾らでも高収入の就職口あるだろうに、海のものとも山のものともつかない無名ジャパニーズ・バンドにその後2年間も在籍したという事実!ただでさえメンバーの出入りが激しいハード・ロック業界。この意味は大きいです。

さて、次回はいよいよ絶頂期を迎える VOW WOW (6) です。
[PR]
by junec1 | 2004-10-20 15:35 | 音楽・VOW WOW | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://rory5990.exblog.jp/tb/625412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The cursed day American League... >>