Everyday I Have The Blues

VOW WOW (12) 解散その2

改めて「キラリ熱熱クラブ」観たんですけど、やはりつまらなかったです。イギリス時代の曲(NEIL MURRAYがレコーディングに参加したTELL ME含む)はともかく、SPEEDとかMOVE TO THE MUSICなんてVOW WOWのやるべき曲じゃないですよ。「夜のヒットスタジオ」でプレイしたSO FAR, SO GOODも同様。なんだ、この当たり前の平均的アメリカン・ロックは!人見元基が歌ってなかったらクソみたいなもので・・・・・、と超極私的な意見表明から始めます(笑)

5月28日に武道館でたった1度の日本公演。この公演もコンプリートではありませんがビデオ化LD化されています。そして、この公演以後再び彼らは沈黙します。
アメリカでの本格的活動開始のはずなのに。
アルバムのリリース、レーベル契約が難航していたものと思われます。日本人であることもかなりの足かせになったといいます。イギリスでは「日本人のハードロック?面白そうじゃないか。」でも、アメリカではそうはいかなかった。私、アメリカのマーケットを意識してレコーディングしたばかりに裏目に出たと信じて疑いません。彼らの良さが消えてしまってますから。
意識したにも関わらずブリティッシュ臭さは抜けず、アメリカのレコード会社に売れるアルバムと判断されなかった。それどころか、それまでのVOW WOWを評価していた第二のお里であるイギリスでさえ『MOUNTAIN TOP』はリリースされず。

周囲の評価はどうであれ、出来上がったアルバムに自分たちが自信を持っていて、LAでのライヴ活動がイギリス同様に行えたのであれば(結局渡米後1本もやっていません)解散はもう少しあとだったんだろうと思います。たとえアメリカでのリリースがうまくいかなくても。
または、アメリカでのリリースが決まりさえすれば、たとえアルバムの方向性や出来に満足していなかったとしても、メンバーから解散の声があがることはなかったでしょう。
彼らの内と外で八方ふさがりの状態。それが5月28日以降の沈黙だったんだろうと・・・。

b0028912_22192088.jpgアメリカという選択にしてもBOB EZRINという選択にしても、この時期のバンド内主導権は間違いなく山本恭司にあったんだろうと思われます。
イギリス時代もそうではあったんでしょうが、人見元基のヴォーカルと厚見玲衣のドラマチック・キーボードにかなりの部分で譲歩していました。渡英後彼のギター・プレイが叙情的な方向に変化して、美しいメロディ・ラインを奏でるようになったのもこうしたことからでしょう(彼自身にとってはイギリス向けのスタイルをとっただけのことかもしれませんが)。
VOW WOW解散後のWILD FLAGや現BOWWOWを聴く限り、彼の本来好きなプレイはワイルドなアメリカン・ハード。全キャリアを通してみれば、むしろVOW WOW時代の方が異色です。
バンドが渡米することに最も積極的だったでしょうし、最も夢を描けるのも彼だったんでしょう。商業的成功とかに最も野心があったのも彼。というか、彼にとってはBOW WOW結成当時からそうした成功を意識することが当たり前だったわけですから。
悪い言い方をすれば、成功するためには変節をもいとわない山本恭司。日本語のポップ路線もやったしイギリス向けのサウンド・プロダクションも、そしてまたアメリカへ。彼にとってはすべて自然な流れだったんでしょうが、他のメンバーとの温度差は少なからずあったことでしょう。
「夜のヒットスタジオ」で司会者が「へヴィメタの・・・・・。」と紹介した時、人見元基が「せめてハード・ロックと言って欲しい。」と遠慮がちに発言したことがありました。しかしながら、恐らく山本恭司はどう呼ばれようと成功すれば許せたんではないかと。

10月、沈黙を守っていた彼らからマスコミ向けに1本のFAX。・・・解散・・・

さて、次回はその後のVOW WOW。
[PR]
by junec1 | 2004-11-24 22:24 | 音楽・VOW WOW | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://rory5990.exblog.jp/tb/1147845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by VOW WOW at 2005-09-25 08:50 x
 偶然、VOW WOWへのコメントを見つけ、拝読いたしました。
 私は、今もVOW WOWが日本で最もワールドクラスなハードロックバンドであったと信じて疑いません。
 個人的には「ハードロック・ナイト」の「今から世界を攻めるぜ!」みたいな熱気が大好きですが、後期は本当に淋しかったですね。
 解散が近い頃、「噂の真相」誌でも、あまりメジャーとは言えなかったVOW WOWを「本当にメンバーの仲が悪いバンド」としてわざわざ触れていたので、人間関係は本当にマズイ状況だったのでしょう。
 人見氏が歌わなくなってしまったことも残念でなりません。本当に「幻のバンド」となってしまいましたかね。ブログのコメントに書いておられたように、コンプリートのDVD、本当に期待します。まともに評価されていない状況下では苦しいですが、こちらのコメントのように書いていただくことで、一人でも理解者が増えれば、と切に願います。ありがとうございました。
Commented by junec1 at 2005-09-27 11:39
コメント有難うございます。

解散後、山本恭司を中心に一度はそれぞれに競演しているので
もう昔のわだかまりはないんでしょうね。
それほどに解散当時は追い詰められてしまっていたってことだと思います。

そうなんですよね。東芝EMIはCDでさえないがしろですからね。
山本恭司が一切の版権を手に入れて
BOW WOWとVOW WOWをリリースでもしていかないと期待薄ですかね。
バウワウと共に歩いたロック人生なんですから
何とか一つ頑張ってくれると嬉しいんですけどね。
Commented by VOW WOW at 2005-10-05 12:52 x
 返信、ありがとうございました。実際に商業的成功もないと、バンドを続けていくことは難しいだろうなぁ、とは思います。こうして足跡を追うと、ファンとしては「もっと売れてもよかったのに」と感じるのですが(笑)。ついでに、山本恭司への評価もなんだか今もって低いようにも。
 しかし、彼らの残してくれた音は消えるわけではないですね。いつか日の目を見ることを願って、I'm Gonna Sing The Blues!アディオス
Commented by HIRO at 2008-08-17 04:24 x
VOWWOWを検索していて辿りつきました。
今でもVOWWOWを聞き続けています。
解散は本当にショックでした。結果的に最後になってしまった武道館に行ったのですが、その後の突然の解散。何がなんだか分からなかった。
だから、このブログはその軌跡を自分の中で再整理するためにすごく役立っています。
ただ、ちょっと気になることを最近見つけました。
ブログの解析で触れられている、「アメリカという選択にしてもBOB EZRINという選択にしても、この時期のバンド内主導権は間違いなく山本恭司にあったんだろうと思われます。」について、山本恭司のインタビューでは、「その頃に厚見くんや元基が、『アメリカに行かなきゃダメだよ』って言い出したんだよね。」と言っています。
ttp://suemi.sblo.jp/article/16749503.html
しかし、山本恭司がBobとすごく気が合ったというくだりもあり、主導権は取っていたものの、コントロールはできていなかったという感じでしょうか。
過去は過去、先日、山本恭司、人見元基と厚見玲衣がシークレットライブで競演したという話ですし、今後の再活動を期待したいところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< The Good Degree... Illegal Software >>